2004参院選
 
千葉の主な予想顔ぶれと情勢

 椎名一保 52 〈元〉県議 自現

 広中和歌子 70 〈元〉環境庁長官 民現

 浅野史子 33 党県常任委員 共新

 (敬称略。年齢は6月17日現在。推薦・支持政党は除く)

 ◇

 椎名と広中の両現職に、国政選挙3度目の浅野が挑む。社民は候補者を公募したが、独自候補の擁立を断念して自主投票の見通し。椎名は前参院議長の井上裕が辞職したのに伴う02年の補選で24.14%の低投票率ながら初当選した。公明も椎名の推薦を決めた。民主は昨年の総選挙で13小選挙区のうち8選挙区で議席を獲得。今回は「組織戦」で臨む。  (06/17)


 参院選 各都道府県のニュース   一覧>>

ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission