2004参院選
 
国際貢献できない憲法ってのも…<ビバ!?ニッポン 若者の国家観:1>

大学3年 21歳男性

  「日本のどこが好き?」って聞かれても、食べ物とか、自己主張しすぎない国民性とか、漠然としている。ずっと住んでる国だからってのが大きいかな。

  愛媛大3年のヒロキ(仮名、21歳) は、長身に黒の短髪のさっぱりした印象。最近は、夜のニュース番組のハシゴが癖になっている。

  広島県出身。父は保険代理業、母はスーパーで万引き犯を捕まえる私服Gメン。中高時代はバスケットボールに打ち込んだ。受かりそうな所を選んだら愛媛大になった。一人暮らしだが仕送りはゼロ。奨学金を授業料と家賃に充て、深夜のコンビニバイトで稼ぐ約7万円で生活している。

  会話がほとんどなかった父への感情はこれといってない。むしろ仕事でケガをして帰ることもあった強い母の影響が大きい。今も、母が好きだったニュース番組を見る習慣が抜けない。

  自衛隊のイラク派兵や小泉政権の評価……。ニュースのハシゴをしていると、放送局やコメンテーターによって主張が全く違うことがわかってきた。問題を消化したくて、考えるようになってきた。それでも「メディアに踊らされてる」 と感じてしまう。官僚なんて会ったことないけど、「悪いヤツ」 ってインプットされてるから。

  人道復興支援なら海外に自衛隊を派遣してもいいと思う。実際に兵力があるのに「金は出しても兵は出さず」 じゃおかしい。国際貢献できない理由が憲法9条ってのも変だ。デメリットの大きい条文は変えた方がいい。

  侵略戦争の歴史もわかっているつもりだが、当時と今では状況が全然違う。平和ボケした日本人が戦争するわけない。かといって小泉政権を支持するつもりもない。アメリカの顔色をうかがっているように思えてしかたないから。

  権利だから、参院選には行くつもりだ。でも正直、一票の重みは感じない。無党派層が何千も動けば違うけど、投票に行かない人も多いし。「後援会の強いところが勝つんやろ」 って感じかな。

  秋から就職活動を始める。裕福な家庭でもなかったから、やっぱり「権力」 は持ちたい。安定性と社会的地位を考えれば、銀行員かな、なんて思っている。

    ◇

  60、70年代、大学生は反権力・反体制運動の主役だった。だが今の学生にその面影はない。政治運動は影を潜め、W杯など国際大会で君が代を合唱、日の丸を振る姿が日常になりつつある。「ビバ ニッポン(日本万歳)――」。 屈託なくそう叫ぶ彼らはこの国をどう見ているのだろう。参院選を前に、等身大の大学生像を探った。

●「愛国心ある」62%(愛媛・松山大で319人アンケート)

  朝日新聞松山総局は6月上旬、愛媛、松山両大学の学生を対象に、国家観などについてのアンケートを実施した。構内でアンケート用紙を配布し、計319人から回答を得た。その一部を紹介する。

  「愛国心があると思うか」の問いに、「ある」 「どちらかと言えばある」 と回答したのは全体の62%。「日本は好きですか」 の問いになると、肯定的な意見はさらに増えて96%になった。

  「日本人に生まれて良かった時」 について尋ねると、「平和」 「裕福」 「治安が良い」 が圧倒的に多い。和楽器や日本語表現などの「伝統・文化にふれる時」 と答えた人も目立った。

  「(日本に生まれて) 恥ずかしかった時」 は、「アメリカの言いなり」 (女・18歳)、 「国際社会で主張できない」 (男・18歳) といった外交分野が目立つ。国会乱闘や牛歩戦術など政治家にまつわる点も多かった。「(北朝鮮の拉致問題で) 家族が帰ってこなかったといって首相に暴言を吐く自己中な国民」 (女・18歳)、 「自己責任論でほめるべき人を厄介者扱いにした」 (男・19歳) などの回答もあった。

 (06/21)


 参院選 各都道府県のニュース   一覧>>

ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission