2004参院選
 
イメージ戦略 どこまで <2004参院選>

  イメージカラーのうちわやメガホンに、候補者が作詞・作曲した歌のCD……。参院選の京都選挙区(改選数2)でも、陣営は応援グッズやそろいの色で候補者のイメージを定着させ名前を売り込もうと懸命だ。一方で、特別な戦略は立てないという陣営も。効果のほどは――。

●演説会で使用

  民主現職の福山哲郎氏(42)の事務所前には、青いのぼりが掲げられている。事務所内には段ボール箱に入った大量の青いうちわ。青いハンカチーフやメガホンも用意された。すべて無地で、演説会などで支持者らに使ってもらう。

  選対事務長代理の熊谷哲府議は「空や海の青さを連想させ、環境問題に取り組む姿勢を印象づけられる。一緒に身につけたり使ったりすれば、一体感も生まれる」と効果を期待する。イメージソング「テツローが翔(と)ぶ!」も作り、演説会などで流している。

●CD売り切れ

  共産現職の西山登紀子氏(60)のイメージカラーはワインレッドだ。好きな花の色で、上着も口紅もワインレッドに合わせている。街頭演説では後援会のメンバーらが、同じ色のTシャツと手袋を着け、一緒に並ぶ。

  陣営は「人柄を知ってもらう材料に」と「西山とき子CD・家族色の未来」を制作した。西山氏が作詞・作曲した「小さな赤ちゃんのおうち」などが収録され、定価500円。5月下旬から集会や後援会事務所などで売り、公示前日の23日までに600枚が売り切れたという。

●グッズ作らず

  自民新顔の二之湯智氏(59)の陣営は党のイメージカラーの緑色をスタッフのポロシャツなどに使う。事務所の壁には大きな緑の布3枚を、三角形を重ねたような形にして掲げる。京都市立芸大名誉教授のデザインで、国、府、市町村の協調が表現されているらしい。

  しかし、イメージカラーを前面に打ち出したようなグッズは作っていない。陣営は「奇をてらわず、政策論争で勝負する王道の選挙をしたい」。力強さや安定感をポスターやパンフレットで表現するのが、最大のイメージ戦略という。

 (06/26)


 参院選 各都道府県のニュース   一覧>>

ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission