2004参院選
 
〈中盤情勢調査〉大久保・吉村トップ争う 古川伸び悩み、津野苦戦

古川  忠 55 〈元〉県議     無新

津野 豊臣 60 党県常任委員    共新

吉村剛太郎 65 〈元〉国交副大臣  自現

大久保 勉 43 〈元〉米系証券社員 民新

江頭 邦弘 63 〈元〉高校長    無新 〈社〉

藤本  豊 53 建設会社顧問    無新

石原 倫理 47 〈元〉病院職員   諸新

【名前の右は投票日(7月11日)現在の満年齢。カッコ内の政党は推薦・支持】

      ◇

 大久保、吉村が当選圏内で優位に立ち、トップ争いをしている。

 大久保は民主支持層の約9割をまとめ、自民支持層や社民支持層にも支持を広げている。20、30代を中心に男性の支持が高い。事務・技術職層、製造・サービス従事者層での支持も高めだ。地域的には福岡市の周辺や北九州市で強い。

 吉村は自民支持層の約8割を固めたが、公明支持層は半数程度をまとめたにとどまる。女性からの支持が高く、無党派層では大久保に次ぐ支持を集めている。筑豊や筑後など郡部で強めだ。

 01年の参院選では自民党の推薦を受けた古川だが、今回は自民支持層の支持が広がらず、伸び悩み。公明支持層は吉村と分けあっている。

 津野は共産支持層を固めたものの、苦戦。江頭は勢いが見られない。

      ◆

 朝日新聞社が1日から3日にかけて実施した参院選情勢調査に取材によるデータを加味した、各選挙区の情勢を紹介する。選挙戦中盤の調査であり、投票日までに情勢は変わり得る。(敬称略)

 (07/05)


 参院選 各都道府県のニュース   一覧>>

ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission