2004参院選
 
若年層の低投票率「住民票は実家」が関係? <動く 04参院選>

 参院選に関心があっても、投票所の入場整理券が県外の親元に届くので、投票には行かない――。若年層の投票率が上がらない背景の一つには、大学生らの住民登録の実態があるようだ。

 約1万4千人の学生が在籍する千葉大学で、県外出身学生に投票意欲と住民登録地について聞いた。同大学入学者に占める県外出身者の割合は例年、8割近くある。

 大学院2年で教育学を研究する高橋在也さん(24)は00年春、出身の前橋市から千葉市稲毛区に住民票を移した。「住民票を移すまで、選挙のために実家に戻っていたが大変だ。選挙には関心がある。候補者の情報を知って投票するためには、住んでいる千葉に住民票がないと」という。

 遠隔地から投票する不在者投票制度もある。法経学部3年の平進之介さん(22)は、福岡市の親元から住民票を移していないが、今回、福岡市民として不在者投票した。「棄権したくなかった。手続きは簡単」と話した。

 一方、大分市出身で総合政策学科4年の女子学生(21)は「扶養家族の関係で、親に反対されたため」、住民票を移していないという。「生活に不便はない。教授から『選挙には行こう』と言われたこともあるし、今回は本当は投票したいが、今さら無理」と話す。

 デザイン工学科4年吉村昌子さん(23)は千葉市中央区に住むが、実家の大阪府和泉市に住民登録したままだ。「大阪の魂を売ったと言われたくない。遠隔地からでも投票できるのは知っているけど、面倒だし、大阪の候補者を知らない」といい、今回の参院選は投票しないつもりだ。

 朝日新聞社が参院選に向けて実施した電話による世論調査(1〜3日)では、県内の20代の投票意欲は「必ず行く」が43%と、年代別では最も低かった。

 住民票を県外に残したままの人が不在者投票をしても、県内の投票率が上がるわけではない。さらに、住民票を移せない事情のある人もいるが、20代の中で、大学などの学生が占める割合は大きい。

 県選管は7日〜9日、千葉工大など3大学で投票を呼びかける。「まだ遠隔地からの不在者投票に間に合うだろう。ただ、住民票は引っ越し後14日以内に移すのがルール。選管として、大々的なPRは難しい」としている。

 <慶応義塾大法学部の小林良彰教授(政治学)の話> 生活の本拠に住民票を置くのが当然だ。そうでないと、受益と負担が合わなくなる。とはいえ、『期日前』と『不在者』投票の違いなど、新しい有権者に対する何らかの啓発を、学校教育なり、選管なりがやるべきだ。学校では市民が政治や行政にどう関与するかを教えてない。

 (07/07)


 参院選 各都道府県のニュース   一覧>>

ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission