2004参院選
 
65.51% 投票率、県内トップの理由は (数字で見るちば参院選:8)

 89年=72.32%、92年=60.91%、95年=60.97%、98年=67.11%、01年=66.23%。和田町は過去5回の参院選投票率(千葉選挙区)の平均が65.51%で、市区町村別で県内トップ、県平均の47.85%を大きく上回る。町議選に至っては、99年が86.67%、95年が91.44%といった具合だ。

 理由の一つと言われるのが、町内1校の中学、町立和田中(生徒数151人)の生徒会役員選挙だ。候補者はポスターを作り、政見放送も流す。投票は町選管から借りた本物の投票箱と記載台を使う。投票日に都合の悪い生徒のために不在者投票の制度もある。

 社会科の庄司秀一先生(42)は「実際と同じ体験をすることで、選挙の参加意識がすりこまれるのかも」という。

 これと並んで中山夘一郎町長があげる理由は「コミュニティーが残っていること」。町は16の区に分かれ、区が行動単位になる機会が多い。毎月、婦人会や消防団などの集まりがある。同町の有権者は4875人(6月23日現在)、単純計算で各区の有権者は約300人で、顔の見える付き合いのできる範囲だ。

 40代の女性は投票を欠かさないという。「投票所に地元の立会人がいる。道行く人が必ず『行ったか』と聞いてくる。行かなきゃばれる、『やばい』という感覚です」

 約140世帯が暮らすある地区の区長は、鴨川市との合併を巡る住民投票と同日選となる今回の選挙、自分の区の投票率を「85%はいく」と読む。11日朝8時半に各世帯が集まり、午前中に地域の草取りをするのが、投票の後押しになりそうだという。

 選挙期間中、町選管が毎日朝夕の2回、防災無線を使って行う選挙啓発の呼びかけは、静かな町に響きわたっていた。

=おわり

 (07/11)


 参院選 各都道府県のニュース   一覧>>

ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission