2004参院選
 
比例区も「自民」を徹底 参院選に向け自民党申し合せ

 自民党は1日の役員連絡会で、7月の参院選の選挙運動で選挙区候補が比例区選挙に触れる際には「自民党に」「自民党候補に」という呼びかけに統一することを申し合わせた。昨年秋の総選挙では一部の小選挙区候補が公明党の支援を得る見返りに「比例区は公明党に投票を」と呼びかける事例が続出し、党内外から批判された。これをふまえた今回の決定は、公明党支持の呼びかけを事実上禁止するものだ。

 党執行部は近く、申し合わせの実施を都道府県連に指示する。ただ、違反者への罰則や処分などは決まっておらず、選挙現場で申し合わせの徹底ぶりに違いが出そうだ。一方、公明党は選挙区候補は埼玉、東京、大阪の3人だけで、他の多くの選挙区では自民党候補を支援するため、不満が出る可能性もある。

(06/01 17:30)


 ニュース一覧   一覧>>

ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission