2004参院選
 
内閣不支持42%、支持は40%に急落 本社世論調査

小泉内閣支持率
小泉内閣支持率

 朝日新聞社は24日の参院選公示を前に全国世論調査(電話)を実施した。小泉内閣の支持率は40%と、再訪朝直後の前回調査(5月23日)の54%から急落した。年金問題に加えてイラクの自衛隊の多国籍軍参加に58%が反対するなど、内政、外交の政策判断や政治姿勢に対する厳しい見方が響いたとみられる。不支持率は42%に達した。小泉内閣発足後、国政選挙の公示前調査では過去2回とも支持が不支持を大きく超えたが、今回初めて不支持が支持を上回った。

 調査は19、20の両日実施。今回の内閣支持率の下落幅は、02年2月の田中真紀子外相更迭後の調査で72%から49%へ落ち込んだのに次ぐ水準だ。支持率は再訪朝直前の45%にもとどかなかった。不支持が支持を上回ったのは、03年3月のイラク開戦直後以来1年3カ月ぶり。

 不支持理由は「政策の面」が24%と最多。これまでの本社世論調査で年金改革法の成立に7割近くが否定的な考えを示しているが、今回調査では回答者のほぼ半数が年金問題を「最大の争点」と位置づけている。

 多国籍軍への自衛隊参加をめぐっては反対58%に対し、賛成は31%にとどまった。民主支持層と無党派層の6割以上が反対。自民支持層で賛否がほぼ二分、公明支持層では反対が賛成をやや上回るなど、与党支持層でも慎重論が少なくない。

 反対の理由は、「武力行使にかかわる可能性がある」が4割以上を占め、「国会で十分議論をしていない」が3割で続いた。賛成理由では「イラクの復興に役立つ」が半分近かった。

 国内の議論より先にブッシュ米大統領との会談で参加方針を伝えた首相の姿勢にも69%が「問題があった」と指摘した。

 北朝鮮問題については、5月の首相の再訪朝について改めて聞いたところ「評価する」(23%)と「どちらかといえば評価する」(48%)を合わせて肯定的な評価が71%に達した。訪朝直後の調査は肯定的評価が67%で、1カ月経過しても有権者の受けとめ方に大きな変化はなかった。

 参院選については、「大いに関心がある」が30%で、03年総選挙、01年参院選の公示前(ともに39%)より低い。比例区で投票したいと思う政党は自民22%、民主19%。ただ、「大いに関心」層でみると自民26%対民主31%と逆転する。

 政党支持率は自民30%と前回(37%)から下落し、民主15%、公明4%、共産2%、社民1%、無党派層48%はあまり変化がなかった。

   ◇

(数字は%。小数点以下は四捨五入。質問文の一部と「その他・答えない」は省略。カッコ内は5月23日調査)

◆小泉内閣を支持しますか。支持しませんか。

 支持する   40(54)

 支持しない  42(30)

◆どういうわけでそう思いますか。(選択肢から一つ選ぶ=択一。左は「支持する」、右は「支持しない」の理由)

 首相が小泉さん  9 2

 自民党の首相   7 3

 政策の面     9 24

 連立政権のあり方 4 8

 なんとなく   10 4

◆いま、どの政党を支持していますか。

 自民党    30(37)

 民主党    15(14)

 公明党     4(2)

 共産党     2(2)

 社民党     1(1)

 その他の政党  0(1)

 支持政党なし 40(37)

 答えない・わからない   8(6)

◆参議院選挙に、どの程度関心がありますか。(択一)

 大いに関心がある 30

 少しは関心がある 51

 関心はない    19

◆参院選の比例区では、候補者の名前か政党の名前かどちらかを書いて投票します。あなたは、どの政党または政党の人に投票したいと思いますか。

 自民党    22

 民主党    19

 公明党    4

 共産党    2

 社民党    1

 みどりの会議 0

 女性党    0

 その他の政党 0

 まだ決めていない   35

 答えない・わからない 17

◆イラク問題についてうかがいます。政府は、国連の決議に基づいて編成される多国籍軍に、自衛隊を参加させることを決めました。あなたは、自衛隊が多国籍軍に参加することに賛成ですか。

 賛成   31

 反対   58

 ◇(「賛成」の人に) どういうわけでそう思いますか。(択一)

 国連決議があるから   7

 イラクの復興に役立つから   15

 アメリカとの関係が大切だから 7

 ◇(「反対」の人に) どういうわけでそう思いますか。(択一)

 武力行使にかかわる可能性があるから25

 国会で十分議論していないから 17

 アメリカに追随しているから  14

◆小泉首相は、自衛隊を多国籍軍に参加させる考えを、国内で議論する前に、アメリカのブッシュ大統領に伝えました。あなたは、こうした首相の姿勢に問題があったと思いますか。

 問題があった  69

 そうは思わない 21

◆小泉首相は5月に北朝鮮を訪問し、金正日総書記と会談しました。あなたはこの首脳会談を全体として、どうみていますか。(択一)

 評価する     23(21)

 どちらかといえば評価する  48(46)

 どちらかといえば評価しない 18(19)

 評価しない    10(12)

    ◇

〈調査方法〉 19、20両日、全国の有権者を対象に朝日RDD方式で実施。対象者の選び方は無作為3段抽出法。有効回答数は1810件、回答率は52%。 (06/21 23:05)


 ニュース一覧   一覧>>

ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission