2004参院選
 
民主と連合が政策協定調印、失業率の3%台への改善など

 民主党の岡田代表と連合の笹森清会長は23日、参院選に向けて政策協定に調印した。重点政策は(1)失業率を3%台に改善するため、雇用創出と地域経済・中小企業活性化を最優先する(2)パート労働者の均等待遇をめざし、男女雇用機会均等法を抜本改正する(3)年金制度の抜本改革に取り組み、介護保険、医療制度など社会保障制度全般の改革を進める、の3点。連合は政策協定実現のため、参院選で「民主党を全面的に支援する」と約束している。

(06/23 19:48)


 ニュース一覧   一覧>>

ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission