2004参院選
 
鈴木宗男氏が落選 参院北海道選挙区

松山千春さんのねぎらいの言葉に涙ぐむ鈴木宗男氏
松山千春さんのねぎらいの言葉に涙ぐむ鈴木宗男氏=11日午後11時34分、札幌市中央区南9条西9丁目で

 元北海道沖縄開発庁長官、鈴木宗男氏(56)は北海道選挙区で自民と民主の現職に敗れた。刑事被告人として公判中の身だが、得票は50万票に迫り、衆院選比例ブロックなら1議席を悠々確保できる数字。「『地方からの反乱』という主張は理解された。負けたが満足感はある」と話した。

 無所属で臨んだ選挙戦。なお不況の色濃い道内で、「北海道に骨をうずめるこの鈴木宗男が利益を誘導して何が悪いんですか」と声をからした。「心友」と呼ぶ歌手の松山千春さんも「ほかに中央の官僚を怒鳴れる政治家がいるか」と応援。都市部を中心に無党派層の取り込みを図った。

 落選の知らせを受け、鈴木氏は「裁判の影響はなかった。次につながる一歩だ」と衆院選出馬の意欲を示した。 (07/12 01:09)


 ニュース一覧   一覧>>

ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission