2004参院選
 
増元照明氏が落選 参院東京選挙区

「負けた悔しさ10%、達成感は90%です」。笑顔で支持者と握手する増元照明氏
「負けた悔しさ10%、達成感は90%です」。笑顔で支持者と握手する増元照明氏=東京都文京区の事務所で

 「拉致問題の解決」を訴え、東京選挙区に無所属で立った「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」(家族会)事務局次長の増元照明氏(48)は落選した。

 増元氏は東京都文京区の事務所で記者会見し、「100人以上の拉致被害者が救出を待っている。新たな闘いに挑んでいきたい」と、活動を続ける決意を語った。

 家族会代表の横田滋さんらの支援を受けた。終盤、曽我ひとみさんと家族の再会のニュースが飛び込んだが、増元氏は「拉致問題が解決したわけではない」と訴えた。

(07/12 00:39)


 ニュース一覧   一覧>>

ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission