2004参院選
 
「構造改革いっそう推進」 当選した竹中氏語る

 参院選比例区で自民党候補としてはトップの72万票を集めた竹中経済財政・金融相は12日、「構造改革をしっかりやれというメッセージだと思う」と述べた。竹中氏は選挙中、「社会保険庁や厚労省はタイムリーエラーをした」と主張。あえて年金問題をやり玉に挙げることで、改革路線自体の正当性を守ろうとしていた。得票数の多さをその裏付けとしたい考えとみられる。

 自民党内の他候補と比べれば圧倒的に多く、とくに竹中氏が旗を振る郵政民営化を「食い止める」と主張した郵政省出身の長谷川憲正氏の28万票は大きく上回った。

 街頭演説では郵政民営化にはほとんど触れなかった竹中氏だが、当選後、「今まで(他の問題でも)いろんな違った意見があったが、埋めてきた。今回もしっかりと埋めていきたい」と述べ、秋に基本方針をまとめることを改めて確認した。

(07/12 19:56)


 ニュース一覧   一覧>>

ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission