2004参院選

4:支持者名簿


「命の次に大事」売買される例も



支持者名簿が整っていない陣営では、電話帳や学校の同窓会名簿などが頼り。コピーしたうえで1通ずつ、手書きではがきを書いていた=東京都内で

 群馬選挙区の、ある陣営の運動員はノート型のパソコンを大切に抱えて歩く。中には地域住民数百人の名簿。名前、住所、職業、電話番号、家族構成、紹介者名。地域を回って名刺を交換する度、データを加えていく。

 名簿は、信号機と同じ色に一人ずつ色分けされている。青は「確保」、黄は「不明」、赤は「敵対」。3色の点は地図に落とし、「ここが弱い」と重点地域をまた歩く。

 「支持者名簿は命の次に大事。今はこれできっちり管理してます」

 陣営にとって、のどから手が出るほどの存在だ。千葉県の元参院議員の秘書は、苦い経験を明かす。「支持者の名簿だよ」と選挙屋から300人分を数万円で買った。電話すると、10年も前に転居していたという。

 名簿はほとんどの場合、議員か秘書が自宅の金庫などに保管し、次に生かす。選挙違反の疑いで警察の調べが入る直前、焼却したり、庭に埋めたりという話もある。

 まだ名簿のない東京選挙区の新顔陣営は、電話帳などを使って公選はがきのあて名を書いている。ボランティアの男性(39)の指にはペンだこ。「汚い字は書けない」と、つい力が入る。

(朝日新聞2004年6月28日夕刊紙面)


  • バックナンバー一覧



  • ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
    すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 著作権 | リンク | プライバシー |
    Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission