topメニューを飛ばして本文へ

生活と芸術―アーツ&クラフツ展

会期:
2009年6月12日(金)〜8月16日(日)
会場:
愛知県美術館[愛知県芸術文化センター10階]
トップ
生活と芸術―アーツ&クラフツ展2009年6月12日(金)〜8月16日(日)
愛知県美術館トップ
TOP 開催案内 みどころ V&Rとモリス トピックス アクセス
ここから本文

「アーツ&クラフツ展」へようこそ
いちご泥棒

ウィリアム・モリス
内装用ファブリック「いちご泥棒」
1883年
ヴィクトリア&アルバート美術館蔵

置き時計

チャールズ・フランシス・アンズリー・ヴォイジー
置き時計
1895-96年

victoria and albert museum
LIFE&ART
19世紀後半にイギリスで興ったデザイン運動「アーツ&クラフツ」の広がりを、ウィリアム・モリスを中心とするイギリス、ウィーン工房がひときわ輝いたヨーロッパ、そして民芸運動が花開いた日本での美しい作品からたどる展覧会です。
装飾芸術の殿堂、ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館(V&A)との共同企画で、V&Aと国内の美術館などから、家具、テーブルウェア、ファブリック、服飾、書籍やグラフィック・デザインなど約280点を一堂に出品します。必見は、柳宗悦らが昭和初期に建てた「三国荘」(みくにそう)の再現展示です。柳の収集品や若き濱田庄司、黒田辰秋らの作品で飾られた室内には、民芸の原点を見ることができます。
手仕事の良さを見直し、自然や伝統に美を再発見し、シンプルなライフスタイルを提案する――。アーツ&クラフツが生み出した精神は、現代の生活に影響を与えながら、今なお遠い理想のようにも映ります。モリスや仲間たちが作り出した家具や壁紙、当時の最先端都市ウィーンの前衛的な家具やグラフィック、「用の美」を見出した民芸の美意識を味わいながら、生活のなかの芸術について思いをはせる機会となれば幸いです。

特に記載のない写真はAll images © V&A images / Victoria and Albert Museum




ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission