企画・制作 朝日新聞社メディアビジネス局 広告特集

仏に親しむ、仏に学ぶ

湘南・葉山の海岸からやや内陸へ入った、緑深く小鳥鳴く里山。藤田一照師の住まう古民家の庭先に、幅5センチほどの帯が樹間に張り渡してある。インタビューに先立ち、その膝高のスラックラインにまず師がひょいと乗ってみせた。「次は、あなたがやってみて」。
綱渡りの要領になるが、乗るくらいなら造作もあるまい。右足を掛けてグイと踏ん張ろうとすると、脚が付け根から左右に大きく振られて、体を少しも持ち上げられない。「あれ!? おかしいな。そんなはずは……」足を左に換えてリトライしても、結果は同じだった。

自分の運動神経やバランス感覚がここまで鈍いとは思いもよりませんでした。

坐禅会などでここを訪れた方に、本題に入る前にこれを体験してもらうのですが、初めから乗れる人はまずいません。みなさん、頭の中では綱渡りのシミュレーションがしっかりできているのに、実際にやってみると乗ることもままならず、照れたり苦笑いをなさったりする。大脳による思考と、首から下の反応はまるで別物だということを遊びの中で体感してもらう格好の機会になります。今この瞬間に「ウソだろう!?」とか「あり得ない!!」と感じたことが大事で、それが禅の修行にどう関わっていくかは、お話の中で追い追い触れていきましょう。

では本題に入って、毎月東京で開かれている仏教塾は受講対象が50歳までとか。

今まさに社会の荒波にもまれている若い人たちにこそ、仏の〈教えと実践〉が必要だと思うからです。人生を生きていく上で難局に陥ったとき「いったいどうすればいいのだろう?」と困難な選択に迫られます。そうした折に我々は、闘争か逃走のどちらかのパターンをとりがちですが、そういう局面そのものを学びの契機として活かしていく新たなパラダイムのヒントが仏教には豊富にあるのです。困難な事態に直面してもそれと単純に闘うのでもなく、そこから逃げるのでもなく、それに深く触れることを通して新しい展開がおのずと開けてくる「第三の道」を見つける。仏教もまさにそうして出てきたものなのですね。

問題に触れることで解決策が見出されていく、その筋道が坐禅に秘められていると。

はい。坐禅では自己と世界が親密につながり、触れ合っています。仏教では、智慧(ちえ)は大脳からではなく、状況そのものから出てくると考えます。自分を含む全てを「未(ま)だ知らないもの」として、言葉による規定や価値判断を差し控えて、深く観(み)る。すると、問題解決のためのリソースがその場に立ち上がり、おのずと〈私〉に語りかけてくる。自己と世界とのそういう接し方が「マインドフルネス」です。物事に着手する前に自己をちゃんと調えることが大切です。坐禅の姿をよく見れば、何に対しても構えていないと同時に、あらゆることに対して準備ができているという、興味深い調え方になっていることが分かると思います。

坐禅とよく比較されるものに瞑想(めいそう)があります。どこが違うのでしょう。

多くの瞑想は、心の動きをコントロールすることで苦しみから逃れようとする人間的な有心(うしん)のメソッドです。釈尊もそういう瞑想を学んだのですが、一時的な効果は望めても、老病死のような根源的問題には応えられないと気づき、無心の坐禅に切り替えました。それまでの欲望に基づく「所有の次元」の生き方から、夢から覚めた覚者(かくしゃ)として生きる「存在の次元」の生き方へと質的に転換したわけです。日常生活のあらゆる所作にも修行の成果が問われる「行住坐臥(ぎょうじゅうざが)」の禅などは、そうした釈尊の開いた仏道のあり方をまっすぐ受け継いだものです。

そういった生き方の質的な転換は、誰にでもできることなのですか?

たとえ、がんじがらめの状況下でも、外へ通じる道は見つかるはずです。城壁の外に出て遊行者(ゆぎょうしゃ)になった釈尊の「四門出遊(しもんしゅつゆう)」体験に匹敵する何かのきっかけがあって、自分の人生の物語を「根本的に書き改めよう」と発心(ほっしん)するなら、必ず目の前に道は開けてきます。仏教は単なる教養や知識ではありません。天動説に対する地動説のように、旧来のパラダイムを根底から覆すものとして受けとめられるべきでしょう。自分の思い込みとそこに起こりうることが往々にして乖離しているのは、冒頭のスラックラインの綱渡りでも明らかでした。ホッとする居心地のよさを求めるよりも、ギョッとする目覚めの体験へと自分を開いていくのが、仏教を学ぶ態度と言えるのです。

身体性が思考に優先している禅で、仏教書からは何をくみ取ればよいでしょう。

たしかに禅では、教義を文字や言葉よりも実体験によって伝えるべきとする考え方が基本です。経典から離れて、ひたすら坐禅せよと導かれる場合もあるでしょう。でも、本から学ぶこともそれと同じくらい重要です。ただ、肝に銘じておかなければならないのは、「古教照心(ここぎょうしょうしん)」と言うように、あなたが「仏教を学ぶ」のではなく、仏教に照らされて「あなたを学ぶ」ということです。禅は己事究明(こじきゅうめい)の営みですから、自分に真正面から向き合い、苦しみや悩みを通して自己をより深く知ることを励ましてくれる、そんな本を推奨したいですね。

6年前に主を猫好きに転向させた「テラ」と

藤田 一照氏 / 曹洞宗僧侶・国際布教師・翻訳家・曹洞宗国際センター所長

1954年愛媛県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程を中退し、29歳で曹洞宗僧侶に。87年渡米して禅の指導・普及に従事。2005年に帰国後は神奈川県葉山町を拠点に坐禅の参究・指導にあたっている。主な著書に『現代坐禅講義』(佼成出版社)、共著に『禅の教室』(中公新書)、『〈仏教3.0〉を哲学する』(春秋社)など。

出版社おすすめの仏教書

すべてを喜びとする。
駆け込み寺庵主の「引き寄せ」問答

「頑張ってるけど、報われない」「どうしても自分が評価できない」「将来がなんとなく不安」「いい出会いがない」……。幅広い層の女性が抱えている「モヤモヤ」を、女たちの駆け込み寺でたくさんの女性を救ってきた「サンガ天城」庵主さんがすっきり解消。

戸澤 宗充 (著)
幻冬舎

¥1,080(税込)

禅と福音: 仏教とキリスト教の対話

異色の禅僧と気鋭の神父が仏教とキリスト教の核心をめぐって真剣勝負。

南 直哉 (著), 来住 英俊 (著)
春秋社

¥2,052(税込)

〈仏教3.0〉を哲学する

既存の仏教を包み超える、新たな“仏教3.0”とは。新時代を切り開く力となり得るか。白熱、スリリングな徹底討論。

藤田 一照 (著), 永井 均 (著), 山下 良道 (著)
春秋社

¥1,944(税込)

〈法華経〉の真実

大乗仏教を象徴する経典『法華経』は、現代を生きるわれわれに何を伝えようとしているのか。「釈迦仏」「提婆達多」など12のトピックからその解明を大胆に試みる。成立から二千年余の時を経た今、『法華経』が放つメッセージを理解するための“鍵”と出合える一冊。佼成出版社創立50周年記念出版。

ひろさちや (著)
佼成出版社

¥1,836(税込)

現代坐禅講義―只管打坐への道

道元禅の神髄である「只管打坐の坐禅」とは何か。身体感覚を主軸として多角的に論を展開しながら、その全体像を描きだす全5章。豊富な写真・図版に加えて、臨済宗僧侶、調息整体指導者、気功師、ヨーガ指導者、身体感覚教育研究家など、各分野の第一人者との対談が各章に付された充実の内容。

藤田 一照 (著)
佼成出版社

¥2,700(税込)

禅の教室
坐禅でつかむ仏教の真髄

アメリカで長年坐禅の指導をしている禅僧と、仏教オタクの詩人が、「禅」について語り合うと、どのような言葉が飛び出すのか。「そもそも仏教って何ですか?」から始まった対話は、縁起や如来などの仏教用語を解剖しながら、坐禅への誤解を暴き立て……。読むと坐りたくなる、坐禅のススメ

藤田 一照(著), 伊藤 比呂美(著)
中央公論新社

¥929(税込)

道元百話 新装版

『正法眼蔵』『普勧坐禅儀』『正法眼蔵随聞記』『永平道元和尚広録』『普勧坐禅儀』『典座教訓』『学道用心集』などから選んだ道元禅師の百の言葉を手がかりにして、道元の生涯をたどりつつ、「生活禅」を確立したその悟りの思想を学ぶ。付・参考文献。

中野 東弾 (著)
東方出版

¥1,404(税込)

仏教音楽と声明

仏教音楽と声明に関する先駆的な研究書。特に歴史的考察について高い評価を受けている。
「第一篇 仏教音楽」「第二篇 声明の歴史」「第三篇 声明の音律」の三篇からなる。
索引24頁及び貴重な資料を掲載した口絵10頁を付す。

大山 公淳 (著)
東方出版

¥16,200(税込)

解読教行信証 (上巻)

親鸞聖人の主著『教行信証』の中から、「総序」「教巻」「行巻」「信巻」「証巻」の現代語訳を収載。上段に書き下し文、下段に現代語訳が配置され、上下を対照しながら読み進めていくことができる。本文中には脚註や語註を掲載。また、訳註や索引も掲載しており、入門書としても活用できる。

教学研究所
東本願寺出版

¥4,104(税込)

歎異抄に聴く―本願の生活者―

宮沢賢治、夏目漱石、マザーテレサ、トルストイなど、さまざまな先人たちの言葉をとおして歎異抄に示された人間の事実やあり方を鋭くたずね、私たち自身の生き方を考える。

神戸 和麿 (著)
東本願寺出版

¥1,944(税込)

仏教書総目録 2017年版

毎年ご好評いただいている目録の最新版「仏教書総目録2017年版」が刊行。辞典、経典から学術書、入門書、童話、コミック、DVDほか約170社5000点の仏教書を網羅。仏教に関する良書を多くの人に知ってもらいたい、仏の教えを求める方必携の1冊です。ぜひ最寄の書店へご注文下さい。

仏教書総目録刊行会

¥309(税込)

※お近くの書店でご注文ください。

日本大蔵経

100巻揃いの『日本大蔵経』は、日本仏教の一大叢書であり、宗祖の著作並びに各宗の基本的文献を網羅し、教理面に重点をおいている。修験道関係の秘伝、秘書を多数収録。必要な増訂・新解題・目録・索引を改訂し巻序を付した。講談社版、堂々の復刊11月刊行、予約受付中!

鈴木学術財団
方丈堂出版

オンデマンド版書籍
¥1,080,000(税込)
電子版DVD-ROM
¥86,400(税込)

※出版社HPで予約受付中。

柴犬まるのワン若心経

インスタグラムのフォロワーが250万人を超える、世界一有名な犬「柴犬まる」。般若心経に書かれている「幸せをいただく方法」を、柴犬まるの写真と一緒に学ぶことができます。薬師寺執事長の加藤朝胤先生の監修で、般若心経の語句50個を身近な例や言葉を使ってわかりやすく紹介。

加藤 朝胤 (著)
リベラル社

¥1,188(税込)

ラク~に生きるヒントが見つかる 般ニャ心経

10万部を突破するベストセラーとなった猫名言本。般若心経の教えを癒される猫写真とともに味わえます。薬師寺執事長の加藤朝胤先生の監修で、般若心経の語句60個をわかりやすい身近なエピソードで紹介しています。

加藤 朝胤 (著)
リベラル社

¥1,188(税込)

仏教書フェア開催店

「仏教三昧‐温故知新」仏教書フェア2016が下記の書店で順次開催されます。一部の書籍はない場合もあります。詳しくは店頭でご確認ください。
※店舗リスト参照

店名 住所 電話番号
北海道
丸善&ジュンク堂書店 札幌店 北海道札幌市中央区南1条西1-8-2 丸井今井南館地下2階~5階 011-223-1911
店名 住所 電話番号
東京
三省堂書店 神保町本店 東京都千代田区神田神保町1-1 03-3233-3312
三省堂書店 池袋本店 東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 別館地下1階・書籍館地下1階~4階 03-6864-8900
ジュンク堂書店 池袋本店 東京都豊島区南池袋2-15-5 03-5956-6111
ジュンク堂書店 立川高島屋店 東京都立川市曙町2丁目39番3号 立川高島屋6階 042-512-9910
丸善 丸の内本店 千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾ内 03-5288-8881
丸善&ジュンク堂書店 渋谷店 渋谷区道玄坂2-24-1東急百貨店本店7F 03-5456-2111
恭文堂書店学芸大学店 東京都目黒区鷹番3-3-19 03-3712-4049
書泉グランデ 千代田区神田神保町1-3-2 03-3295-0011
八重洲ブックセンター本店 東京都中央区八重洲2-5-1 03-3281-1811
紀伊國屋書店 新宿本店 東京都新宿区新宿3-17-7 03-3354-0131
オリオン書房ノルテ店 立川市曙町2-42-1パークアベニュー3F 042-522-1231
群馬
ブックマンズアカデミー前橋店 前橋市大渡町2-3-1 027-280-3322
千葉
丸善 津田沼店 千葉県習志野市谷津7-7-1 ブロックB棟2階・3階 047-470-8311
山梨
ジュンク堂書店 岡島甲府店 山梨県甲府市丸の内1-21-15 岡島百貨店6階 055-231-0606
店名 住所 電話番号
静岡
戸田書店静岡本店 静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー2F・1F・BF 054-205-6111
長野
丸善 松本店 松本市深志1-3-12コングロM 0263-31-8171
新潟
ジュンク堂書店 新潟店 新潟市中央区笹口1-1プラーカ1 025-374-4411
愛知
ジュンク堂書店 ロフト名古屋店 名古屋市中区栄3-18-1ナディアパーク内ロフト名古屋B1 052-249-5592
丸善 名古屋本店 名古屋市中区栄3-18-1 052-238-0320
精文館書店本店 豊橋市広小路1-6 0532-54-2345
岐阜
丸善 岐阜店 岐阜市正木中1-2-1マーサ21 3F 058-297-7008
店名 住所 電話番号
京都
大垣書店 イオンモールKYOTO店 京都市南区八条通西洞院下ルイオンモールKYOTO Kaede館1階 075-692-3331
ジュンク堂書店 京都店 京都府京都市下京区四条通柳馬場東入ル立売東町20-1 ステラ四条ビル 1階~5階 075-252-0101
丸善 京都本店 京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251京都BAL B1B2 075-253-1599
アバンティブックセンター京都店 京都市南区東九条西山王町31イズミヤ 075-671-8987
大阪
喜久屋書店 阿倍野店 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-31 アポロビル2F 06-6634-8606
ジュンク堂書店 天満橋店 大阪府大阪市中央区天満橋京町1-1 京阪シティモ-ル7階 06-6920-3730
ジュンク堂書店 難波店 大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3 マルイト難波ビル3階 06-4396-4771
丸善&ジュンク堂書店 梅田店 大阪府大阪市北区茶屋町7-20 チャスカ茶屋町 地下1階~7階 06-6292-7383
紀伊國屋書店 梅田本店 大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街 06-6372-5821
兵庫
ジュンク堂書店 三宮店 兵庫県神戸市中央区三宮町1-6-18 078-392-1001
ジュンク堂書店 三宮駅前店 兵庫県神戸市中央区雲井通6-1-15 サンシティビル7階 078-252-0777
ジュンク堂書店 姫路店 兵庫県姫路市豆腐町222 ピオレ姫路ヤング館2階 0792-21-8280
滋賀
大垣書店フォレオ大津一里山店  大津市一里山7-1-1フォレオ大津一里山1階 077-547-1020
和歌山
TSUTAYA WAYガーデンパーク和歌山店 和歌山市松江字向鵜ノ島1469-1 073-480-5900
奈良
啓林堂書店奈良店 奈良市西御門町1-1 0742-20-8001
富山
文苑堂書店 富山豊田店 富山市豊田町2-8-14 076-433-8150
BOOKSなかだ本店 富山市掛尾町180-1 0764-92-1192
店名 住所 電話番号
岡山
喜久屋書店 倉敷店 倉敷市水江1番地 イオンモール倉敷2F 086-430-5450
丸善 岡山シンフォニービル店 岡山市北区表町1-5-1 0862-33-4640
広島
紀伊國屋書店 広島店 広島市中区基町6-27アクア広島センター街6F 082-225-3232
ジュンク堂書店 広島駅前店 広島市南区松原町9-1福屋ヒロシマ駅前店10F 082-568-3000
丸善 広島店 広島市中区胡町5-22天満屋広島八丁堀ビル7・8F 082-504-6210
鳥取
本の学校今井ブックセンター 島根県松江市殿町63 0859-31-5000
香川
宮脇書店本店 香川県高松市丸亀町4-8 087-851-3733
店名 住所 電話番号
福岡
ジュンク堂書店 福岡店 福岡県福岡市中央区天神1-10-13 メディアモ-ル天神地下1階~4階 092-738-3322
沖縄
ジュンク堂書店 那覇店 沖縄県那覇市牧志1-19-29 D-NAHA 地下1階~3階 098-860-7175

ページトップへ戻る