メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

広告特集 企画・制作 朝日新聞社メディアビジネス局

今度こそ無理なく続けられる新時代の英会話学習

「英語が気軽に話せたら」と願う人は多いが、意欲はあってもなかなか学習が続かない、
そもそも何から学べばいいかわからない、といった悩みもまた尽きない。
カシオから、使いやすさと続けやすさを重視した英会話学習機「エクスワード ライズ」が登場した。
国際コミュニケーションの専門家である明星大学の田中宏昌教授に、
英会話上達のポイントと、このツールの有効な使い方について聞いた。
手のひらの英会話教室 EX-word RISE[デジタル学習ツール]

試験の点数の高さと会話の力は一致しない

学生時代にさんざん勉強したはずなのに英会話ができない。社会人になってもう一度英語を勉強しようとしたものの途中で挫折した。そんな人はきっと少なくないでしょう。TOEIC®やTOEFL®のような英語検定試験で高得点を取れる力があっても、いざ外国人スタッフを交えた会議では緊張して英語が出てこなくなる人もいます。それは、「英語力」というものを単一の指標ではかることの難しさです。

みなさんの身近にも、発音がそんなに流暢なわけでも凝った言い回しが得意なわけでもないのに、海外で英語を使ってバリバリ働いている人がいるのではないでしょうか。いわゆる「英語力」と英会話の能力は、必ずしも一致しないんです。もしも会話力の向上を一番の目標にするなら、普段からそのための学習に意識的に取り組んでいく必要があります。

僕が英会話学習機「エクスワード ライズ」を使用して最初に好感を持ったポイントは、ポケットに収まるサイズで携帯しやすいことです。電車で立ったまま周囲に気兼ねなく使えるし、スイッチを入れてからの起動も速い。アクセスしやすいということは、学習機にとって重要です。現代人は忙しいので、やろうと思った時にすぐ始められないと「また今度」になってしまう。それが途中で挫折してしまう大きな要因です。

単語やフレーズを文字として読むだけでなく、ネイティブ発音で聞いて覚えることもできる。マイクに向かって発音するとそれをチェックしてくれるコンテンツがある。反復しながら徐々に内容が高度になっていくスパイラル(らせん)型のカリキュラム構成になっている。エクスワード ライズには、近年の研究で効果が高いとされている英会話学習法がうまく取り入れられています。コンテンツは「ボキャブラリー」「リスニング」「スピーキング」「テスト対策」という四つのカテゴリーに分かれていますが、学ぶ順番や進める速さにルールはないので、最初の1カ月はリスニングだけでもいいし、いきなり上級から始めてもいい。自由度が高いので誰にでも使いやすいと思います。

エクスワード ライズは英会話の「筋トレ」

ビジネスで英語を使いたいという人がエクスワード ライズで学習することは、アスリートにとっての筋力トレーニングにあたります。たとえばバスケットボールの選手になろうと思えば、速く走る、高くジャンプするといった身体能力が不可欠で、そのためには筋力を鍛える必要があります。

ただし当然ながら、筋力さえあれば良い選手になれるわけではなく、相手との駆け引きや臨機応変な対応力、瞬時の判断力といったものは、実際に試合を経験するなかで培うしかありません。英会話でいえば、エクスワード ライズで学んだことを会話のなかで実践し、実践を通して得た気付きを普段の学びにフィードバックすることが大切です。

以前、僕の研究室でアメリカ人の日常会話を分析してみたところ、「褒める」言葉が多く含まれていることがわかりました。それは会話の相手を褒めるだけでなく、「今日はいい天気ですね」「ここはきれいな街ですね」といった内容も含みます。そうするとアメリカ人の場合、「この地方は雨が少ないんです」「街のみんなで景観を守っているんです」といった由来や理由を話し始めます。それが彼らの頭のなかにある、一般的な会話のシナリオです。ところが日本人は、褒められると「いいえ、そんなことはありません」と謙遜をする。アメリカ人にすれば、会話の流れを急に遮断されたようで戸惑ってしまいます。

こうした知識は「筋トレ」、つまりひとりで学習しているだけではなかなか身につかない部分です。ビジネスに役立つ高度な会話力は、ひとりでできる学びと、社会との関わりを通じた学びの両方を繰り返すことで伸びていくものであり、そのどちらもおろそかにはできません。

明星大学人文学部 国際コミュニケーション学科

田中宏昌教授

テンプル大学大学院博士課程満期修了。教育学博士。ビジネス社会における英語のコミュニケーションと国際人材育成を専門とし、国際学会での基調講演や国際研究誌での論文掲載多数。アメリカ、サウジアラビア、インドネシア、クウェートなど海外企業での研修も多く、ビジネスコミュニケーションの権威としてグローバルに活躍中。

英会話学習は新時代へ。続けられるから、結果を出せる。手のひらの英会話教室 EX-word RISE[デジタル学習ツール]