企画・制作 朝日新聞社メディアビジネス局 広告特集

中学受験 SAPIX 小学部

時代を担う人材を育てる中等教育最前線

DISCUSSION 座談会

神戸女学院・灘の
英語教育に学ぶ!
グローバリゼーションの
時代に子どもの英語力を
どう育むか

新しい学習指導要領が完全実施される2020年度から、
英語が小学校の正式な「教科」となる。
幼い子を持つ保護者の英語教育熱や早期教育への関心が高まりを見せるなか、
神戸女学院と灘ではこれからの英語教育をどう考えるのか。
林部長(神戸女学院)、和田校長(灘)と両校の英語科教諭に、
英語との向き合い方を聞いた。

神戸女学院中学部
高等学部

林真理子部長 稲垣祐子教諭

灘中学校
高等学校

和田孫博校長 海保雅一教諭
コーディネーター

広野雅明本部長
[SAPIX小学部 教育事業本部]

AERA Kids 白井裕子編集長
[AERA with Kids]

小中学校時代の学びについて、新しい大学入試への備えについて、そして灘と神戸女学院の入試科目に英語が加わる可能性について。専門家による対話は、昨今の英語教育をめぐる多様な話題へと広がった。

子どもの英語教育は
いつ始めるべきか

白井 小学校でも5年生から英語が教科化されることを踏まえ、低学年あるいは幼稚園のころから英語を習わせたいという保護者が増えているようです。中学校で学習が本格化する前に、英語をわが子の「得意科目」にしてあげたい親心は理解できる部分もありますが、先生方はこうした傾向をどう見ていますか。
和田 ある子ども向け英語教室の話を聞いたところ、普段はおとなしいのに英語を使うと生き生きとコミュニケーションを楽しめる子どももいるようです。お子さんを観察していて、その子の個性に合っているようなら早期英語も悪くないですが、親の考えだけを押し付けるのは、むしろ早くから英語嫌いを育てることにもなりかねません。
 そうですね。幼い子どもにとって大切なのは、母語でしっかりアイデンティティーを確立すること。自分の言葉で「僕は」「私は」と考えられる、頭の中にある思いを人に伝えられるようになることです。その力がきちんと育つ前に違う言語にふれさせると、強い違和感や恐怖感を抱く子もいます。その一方で、きちんと理解していなくても、あいまいなものをあいまいなまま受け入れることができるのも子どもですので、本人が楽しめているのであれば、必ずしも早期教育が良くないというつもりはありません。
広野 2020年以降の小学校英語は、おおむね現在の中学1年生が習っている内容を先取りすることになりますか。
海保 一部、2年生内容ぐらいまでを含むようです。小学校卒業時点で600から700の語彙を身につけ、基礎的な文型もいくつか理解できるようにするというのですから、正直に言えば小学生にそこまでできるだろうかという疑問もあります。しかし将来の大学入試やグローバル化が進む社会で求められる英語力を考えると、妥当な目標とも言えそうです。

写真:林 真理子部長

母語による自我の確立は
子どもにとって最も大切神戸女学院中学部・高等部 林 真理子部長

写真:稲垣祐子教諭

小学校の英語教科化でも
母語習得の自然な流れは堅持神戸女学院中学部・高等部 稲垣祐子教諭

早期教育の「貯金」は
いつまでも続かない

白井 こうした変化は、中学英語にも影響を与えますか。
稲垣 生徒たちに聞いた話では、現在の「外国語活動」の取り組みは、小学校によってかなり差があります。そのため今までは、ある程度知識がある生徒にもそうでない生徒にも、中学1年生でゼロから教えていました。しかし20年度以降は入学時点で全員が一定の力を持っていることが前提ですので、授業内容は必然的に変わらざるをえません。本校のカリキュラムも本質は堅持しつつ細部は見直す可能性はあります。
白井 今後、帰国生やインターナショナルスクール出身者が増えていくと、小学校英語だけのわが子は置いていかれるのではと不安な保護者もいそうですが、中学の授業でその差は埋められるものですか。
和田 個人的な思い出話ですが、私は小学生のころ近所の日曜学校で英語を習っていたので、中学校に入った時点で英語は得意中の得意でした。しかしそんな貯金は、1年生の夏休みが終わる頃にはすっかり底をついていました(笑)。油断しきっていた私と違い、初めて習う教科だからと4月にしっかり気持ちのスイッチを切り替えて臨んだクラスメートのほうが、着実に力をつけていたんですね。当然の結果でしょう。
 本校では中1の最初から、英語の授業は英語のみで行うので、初めのうちは生徒の戸惑いも大きいようです。しかし実際に授業を受けてみると、「意外にわかる」という生徒が少なくありません。そんな小さな感動が自信となり、パスポートさえ持っていない生徒が学年トップレベルの英語力を身につけるような例を何度も見てきました。反対に、幼いころ海外に住んでいて、発音はネイティブのようにきれいでも、子どもの使う語彙やシンプルなフレーズしか身についていない生徒もいます。和田先生のおっしゃったように、貯金はそれほど長く持たないのかもしれません。

1 2 3
TOP