企画・制作 朝日新聞社メディアビジネス局 広告特集

中学受験 SAPIX 小学部

今、日本の教育は大きな転換期にある。大学入試も中学高校の授業も、新たなかたちを模索している。そのような状況のなか、名門校ではどのような授業を行っているのか。長い歴史の中で築き上げてきた伝統の授業スタイルを、時代に合わせてブラッシュアップしてきた神戸女学院中学部・高等学部を取材した。

INTERVIEW

母国語のように音から学び 
道具として使いこなす力を

神戸女学院中学部・高等学部
河村美希 教諭 写真右
ジョスリン ニューマン 教諭 同左

教科書を使わずに会話を通して学ぶ

──御校の英語教育の特色を教えてください。

河村 本校では、クルーメソッドという独自の英語教育を行っています。音声面を重視し、赤ちゃんが親の言葉を耳から聞いて自然に覚えていくような学習法です。授業は原則、英語で行い、聞くことと話すことを中心に行います。英語を日本語に置き換えず、英語のまま考え、道具として使いこなせる力を養っています。

ニューマン 英語上達のためには、“英語を使うこと、学ぶことが楽しいと思えること”が大切です。そこで授業ではクイズやゲーム、劇や歌などを盛り込み、生徒が楽しく学べる内容を心がけています。

──具体的な授業のカリキュラムや、授業以外の取り組みについても教えてください。

河村 中学1年生では週6コマのうち3コマをネイティブ教師と日本人教師のペアティーチングで行います。冬までは教科書を使わず、教員との会話を通して学びます。まずは発音記号を徹底的に学習し、単語は綴りより先に音声から習得します。ネイティブ教師の発音を徹底して真似し、自分のものにすることで、リスニングも自然とできるようになるんです。さらに、その日学習したことを宿題に出し、翌日必ず復習させます。単語は、1週間に1回は小テストを行うなどし、知識の定着をしっかり図っています。

ニューマン 文法も日本語で説明するのではなく、図や絵を見せながら、様々な文例を示すことで自然と理解をうながしています。授業以外の取り組みでは、中学3年生以上を対象にした「エンパワーメントプログラム」が好評ですね。海外の女子大学生(現在は国内大学への留学生)を招き、1週間、英語だけでプレゼンテーションやディスカッションをするプログラムです。英語の表現力を高めるために、スピーチコンテストへの参加も積極的に推奨しています。

英検2級に合格し海外への進学も

──御校で学んだ生徒にどのようなことを期待しますか。

河村 本校では中学3年間で高校卒業までに学ぶべき基本的な文法事項は一通り終わらせ、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能で日常生活の意思疎通ができるようになることを目指しています。中3で英検の準2級や2級に合格する生徒もたくさんいます。海外の高校への留学や海外の大学への進学を目指す生徒もいますが、英語を通して身につけた国際的な視野を生かし、様々な分野で活躍してほしいですね。

ニューマン 英語が使えると、自分の世界も可能性も大きく広がります。これからの若い人には、道具として自在に使える英語力を身につけ、日本だけでなく世界に貢献できる人材になってほしいと思います。

英語のクイズやゲームで 
大盛り上がりの教室

ネイティブ教師と日本人教師によるペアティーチングの授業では、教科書は使わない。英語の会話のみで行われる。今回は中間テスト前日の復習の授業を参観した。

まずは「she」と「sea」、「light」と「right」など発音の似た単語を黒板に書き、ネイティブ教師が発音した単語がどちらなのかを当てさせる。生徒たちの発音もとてもきれいだ。続いて英語によるなぞなぞが出される。算数や時計の針が示す時間の問題などもあり、生徒はメモをとりながら必死で考え、答えていた。

その後、生徒全員が立ち上がり、単語当てクイズが始まる。当てた生徒から座れるとあり、教室は大いに盛り上がる。続いて英語の質問に文章で答えるゲームで復習する。「Yes」「No」などの単語だけで答えるのではなく、小さなホワイトボードに文を書いて文法的な知識の定着も図る。一列ごとに解答するのだが、全員正解だとみんなで拍手をし、歓声が沸いた。

最後に、絵を見せながら少し長めの物語を読み聞かせ、生徒に質問をする。ここでも一切、文章を見せたり、配布したりすることはしない。とことん会話、音声を重視しているのだ。みんなでわきあいあいとクイズやゲームで盛り上がり、ときおり歓声が沸く。楽しそうな生徒の笑顔が、何より印象的な授業だった。機会があれば、新しい文法事項の導入の授業も観てみたい。

※掲載内容は取材・作成当時のものです。
神戸女学院中学部・高等学部
兵庫県西宮市岡田山4-1 
TEL.0798-51-8570
公開模試のお申し込みはこちら
TOP