慢性腎臓病(CKD)セミナー

CKDセミナー 東京 広告特集 企画・制作 朝日新聞社広告局

え!?8人に1人が…… あなたも慢性腎臓病(CKD)の予備群かもしれません。 慢性腎臓病(CKD)を知っていますか?日本のCKDの患者数は1300万人を超え、成人のおよそ8人に1人が発症していると推定されています。CKDの初期は自覚症状がなく、知らないうちに病気が進行していることがあるので注意が必要です。

ご挨拶

浅野 泰 氏 ( 日本腎臓財団 理事長 )

CKDという言葉はご存知でしたでしょうか。Chronic Kidney Diseaseの略語で、日本語では慢性腎臓病といいます。CKDは世界共通語です。3月の第2木曜日は「世界腎臓デー」ということで、世界中でこのような催しが行われています。世界的にもCKDの患者さんが毎年増えているからです。CKDを放置しておくと、ゆくゆく透析治療や腎移植が必要になることがあります。本日はぜひCKDのことを勉強し、周囲の方にも広めていただけると望外の喜びです。

渡部 俊博 氏 ( バイエル薬品株式会社 循環器領域事業部 )

製薬会社の務めとしましては、現在服用されている薬を安定的に供給すること、画期的な新薬を開発すること、これまではこの二つとされてきました。昨今は企業の社会的責任ということで、疾患についての正しい知識を得てもらう機会を提供することも重要な務めと考えています。CKDに関しても、本日は専門の知識を学んでいただくよい機会となります。正しい知識を身につけることで、皆さんの腎臓がすこやかに元気に過ごしていけることを願ってやみません。

過去のCDKセミナーの模様はこちらからご覧になれます。 2013年 CKDセミナー in 東京2014年 CKDセミナー in 東京2014年 CKDセミナー in 名古屋2015年 CKDセミナー in 和歌山