慢性腎臓病(CKD)セミナー

えっ!? 8人に1人が... あなたも慢性腎臓病(CKD)の予備群かもしれません。 慢性腎臓病(CKD)を知っていますか? 腎臓の機能が低下する慢性腎臓病(CKD)は、腎不全が進行するだけでなく、心臓や血管の病気を発症するリスクが高まります。生活習慣や食生活の改善で発症や進行を防ぎましょう。 主催者挨拶
慢性腎臓病という病名は日本でしか通用しません。CKDは世界共通の言葉で、Chronic Kidney Diseaseの略語です。3月の第2木曜日は「世界腎臓デー」です。CKDは8人に1人が発症すると言われていますが、高齢になるともっと頻度が高くなります。CKDを治療せず放置していると、やがて透析をすることになったり、腎移植が必要になったりします。それをいかに阻止するか。そのためにも本日、CKDについてたくさん学んで帰っていただきたいと思います。
製薬会社には、今まで治療できなかった病気の薬剤を開発して治療の選択肢を広げていくという使命、そして安定的に薬を供給していくという使命があります。最近はもう一つ、疾患について皆さまに正しい知識を学んでいただく機会を提供することも大きな使命になっています。本日のセミナーが、腎臓病に対してどのようなことを注意すればよいのか、CKDはどんなメカニズムで進行していくかなどについて勉強するよい機会になることを願ってやみません。
過去のCKDセミナーの模様はこちらからご覧になれます。
  • 2013年 CKDセミナー in 東京
  • 2014年 CKDセミナー in 東京
  • 2014年 CKDセミナー in 名古屋
  • 2015年 CKDセミナー in 和歌山
  • 2015年 CKDセミナー in 東京