慢性腎臓病(CKD)セミナー

<< トップページへ

第2部 パネルディスカッション

CKDの食事療法のポイント ● パネリスト	山本 裕康 先生、市川 和子 先生 ● コーディネーター	西沢 邦浩 氏(日経BP社ビズライフ局 プロデューサー )

カリウムやリンの摂りすぎにも注意

西沢 ご来場の皆さまから寄せられた質問の中から多かったテーマで話し合っていきます。やはり多いのは食事に関する質問です。CKDになると減塩やたんぱく制限などいろいろ大変です。どうしたら重荷にならずにできますか。
市川 よく食事制限と言いますが、制限という言葉がすでに重荷になるように思います。「コントロールしましょう」といって、その人に合わせて調節するとよいでしょう。食塩は基本的に食欲をそそります。その分、副作用もあるので、ほかのものでカモフラージュしてあげないといけません。刺激性のある香辛料や薬味などで代替します。醤油を使いすぎないために、スプレー式の容器に入れてさっとかけるのもお勧めです。
西沢 糖尿病の人が腎臓が悪くなると食事療法が変わり、戸惑うこともあるようです。
山本 糖尿病の食事療法では摂取カロリーが一番重要です。そのとき、塩分制限はあっても、たんぱく制限にはあまり重きを置きません。対して、腎機能が悪くなってくると、たんぱく質の燃えかすを捨てるのは唯一腎臓ですから、腎臓に負担にならないようにたんぱく質の制限も必要になってきます。たんぱく制限を始めたら、今度は栄養失調にならないように十分なカロリーをとることが必須になります。糖尿病のコントロールが悪くなるのではと心配するかもしれませんが、それに対しては薬物や運動で対処していきます。
西沢 カリウム制限はなぜ必要かという質問も来ています。
山本 腎機能が正常であれば、カリウムはナトリウム(食塩)を尿へ排出しやすくするので、カリウムを多く摂ることが推奨されています。ただ、腎機能が悪くなってくるとカリウムが排泄できなくなり、血液中にたまってきて、筋肉に力が入らなくなったり、不整脈が出たりと命に関わることもあるので、腎機能が低下すればするほどカリウムの摂りすぎは危険になってきます。
西沢 リンも腎臓に悪いことはあまり知られていません。

山本 リン自体はエネルギーのもとになったり、カルシウムと共に骨を形成したりと、私たちの体に絶対に必要な成分ですが、過剰になると動脈硬化につながり、生命予後に影響を及ぼします。リンはたんぱく質の中に含まれるため、たんぱく質の制限がリンの制限にもなっています。ただ、腎機能が本当に低下してしまった人はたんぱく制限だけではリンのコントロールが十分にできないので、その場合は低たんぱくの補助食品や、リンを吸収させない薬を用います。
市川 肉や魚にもともと入っているのが有機リンでこのリンの吸収率はさほど高くありません。問題はむしろ食品添加物に含まれる無機リンです。ハムやソーセージで肉と肉をくっつけるときに使う結着剤の中に無機リンが入っています。リンが過剰にならないようにするためには、こうした加工食品は控えめにしましょう。
西沢 本日はありがとうございました。

過去のCKDセミナーの模様はこちらからご覧になれます。
  • 2013年 CKDセミナー in 東京
  • 2014年 CKDセミナー in 東京
  • 2014年 CKDセミナー in 名古屋
  • 2015年 CKDセミナー in 和歌山
  • 2015年 CKDセミナー in 東京