慢性腎臓病(CKD)セミナー

<< トップページへ

第1部 講演 2

「慢性腎臓病予防」 ―あなたの食・生活は大丈夫? 市川 和子 先生 ( 川崎医療福祉大学 医療技術学部臨床栄養学科 特任准教授 )

食塩と蛋白質の摂りすぎに注意しよう!

 昔から養生訓として知られる「健康十訓(則)」に沿ってお話しします。
少塩多酢=食塩を減らして酸味でいただきましょう。日本は食塩1日10gの壁がなかなか破れません。CKDになったら1日6gまで減らす必要があります。減塩の工夫には調理と食べ方があります。調理では酸味を上手に使うのが減塩の一番の近道です。食べ方では麺類の汁は残す、味噌(みそ)汁は具だくさんにするなどを心がけてください。

健康十訓(則)

少糖多果=糖分は少なくして果物や野菜で補いましょう。砂糖をそのまま食べたり、砂糖が大量に入った清涼飲料水を飲んだりすると血糖値が急に上がります。血糖値の急激な上昇は血管を傷めます。食物繊維が不足しても血糖値が上がりやすくなります。リンゴの皮をむかずに1個食べれば糖分はゆっくり吸収され、食物繊維も摂れます。
少肉多菜=肉を少なくして野菜をとりましょう。たんぱく質の過剰摂取は腎臓に負担をかけます。CKDの患者さんは腎機能が1/3以下に低下するとたんぱく質を1日0・6〜0・8g(体重1kgあたり) に減らします(健康な人は1g)。その代わり炭水化物や脂質から十分なエネルギーを摂取します。低たんぱくごはんなどの治療用特殊食品を上手に利用しましょう。また、中にはカリウムやリンの制限が必要になる人もいます。カリウムは細胞膜の中にあるので、カリウムを多く含む野菜は細かくカットして、ゆでるなどして細胞膜を壊すとカリウムを減らせます。リンは加工食品、小魚、清涼飲料水、ビールなどに多く含まれるので、過剰摂取に注意してください。
少食多嚙は少しずつよく噛(か)んで食べましょう。太っている人ほど大口で噛まず早食いです。少怒多笑はあまり怒らずに笑いましょう。笑うと免疫力が高まります。少衣多浴は薄着にしてお風呂にちゃんと入りましょう。ぬるめのお湯にゆっくり入るとリラックスできます。少煩多眠はよく眠ってクヨクヨしない。少車多歩は車に乗らずよく歩きましょう。要介護にならないためにも、しっかり食べて運動することが大切です。

過去のCKDセミナーの模様はこちらからご覧になれます。
  • 2013年 CKDセミナー in 東京
  • 2014年 CKDセミナー in 東京
  • 2014年 CKDセミナー in 名古屋
  • 2015年 CKDセミナー in 和歌山
  • 2015年 CKDセミナー in 東京
  • 2016年 CKDセミナー in 東京
  • 2017年 CKDセミナー in 東京