慢性腎臓病(CKD)セミナー

<< トップページへ

第1部 講演 2

慢性腎臓病予防は食生活の見直しからはじめよう! 市川 和子 先生 ( 川崎医療福祉大学 臨床栄養学科 特任准教授  )

食塩と蛋白質の摂りすぎに注意しよう!

 昔から養生訓として知られる「健康十訓(則)」()をもとにCKD対策を紹介します。
少塩多酢=減塩でもおいしくするのが酸味です。ただし、すし酢などは砂糖や塩が入っているので気をつけてください。CKDの人の食塩摂取量の理想は1日6gです。減塩では、香味野菜や香辛料などを上手に使う、出汁をきかせる、麺類の汁は残す、味を見ないで調味料は使用しない、漬け物は1回分を小皿に付け分けるなどを心がけましょう。

健康十訓(則)

少糖多果=食品群別年次推移(厚生労働省栄養調査)を見ると、嗜好飲料や調理済み加工食品の摂取が増え、果実や豆類は増えていません。嗜好飲料は血糖値が上がりやすく、太りやすいですし、水分補給のためにスポーツ飲料を飲むよりはリンゴ1個を食べた方が食物繊維やビタミンも摂取できます。
少肉多菜=CKDの患者さんでは、腎臓に負担をかける蛋白質を減らしていく必要があります。一般に、1日の蛋白質摂取目安量は0.9~1g/体重kgですが、3割減ほどに抑えます。低蛋白にした分、エネルギーが不足してやせてくると問題です。その予防のためには、低たんぱくの治療用特殊食品などを上手に利用しましょう。カリウムが高いといわれたら減らす工夫をします。カリウムは細胞膜の中にあるので、カリウムを多く含む野菜は細かく切る、熱を加える、炒めるなどすることでカリウムが細胞膜の外に出ていきます。また、腎機能が低下していくと血液中のリン濃度も上がり、心臓や血管に悪影響を及ぼします。ビール、加工食品、卵黄、麺類などリンを多く含む食品を好む人は注意しましょう。
少食多嚙=肥満の人ほど大口で嚙まずに早食いです。少しずつよく嚙んで食べましょう。最近は食べる順番によっても血糖値への影響が変化するといわれます。まず野菜から食べるようにしましょう。
 生活改善では、少衣多浴少煩多眠も大事です。湯温が少し低めの入浴は全身の血行をよくしてリラックスし、心地よい睡眠につながります。

過去のCKDセミナーの模様はこちらからご覧になれます。
  • 2013年 CKDセミナー in 東京
  • 2014年 CKDセミナー in 東京
  • 2014年 CKDセミナー in 名古屋
  • 2015年 CKDセミナー in 和歌山
  • 2015年 CKDセミナー in 東京
  • 2016年 CKDセミナー in 東京