慢性腎臓病(CKD)セミナー

<< トップページへ

第1部 講演 2

「慢性腎臓病予防」 ―あなたの食・生活は大丈夫? 市川 和子 先生 ( 川崎医療福祉大学 医療技術学部臨床栄養学科 特任准教授 )

腎臓を守る食事と生活改善とは?

 昔から養生訓として知られる「健康十訓(則)」に沿って説明します。
少塩多酢=食塩を少なくして酸味でいただきましょう。日本人の食塩摂取量はやっと1日10gを切りました。慢性腎臓病を防ぐには1日6gが目標です。減塩の工夫として、調理では香味野菜や香辛料、酸味を上手に使いましょう。食べ方では、麺類の汁は残す、味を見ないで調味料は使用しない、塩分の多い加工食品は控えるなどを心がけてください。

健康十訓(則)

少糖多果=砂糖を含む甘いものは控え、果物や野菜で糖を摂りましょう。食品群別の年次推移(厚生労働省栄養調査)を見ると、果実や豆類の摂取が減り、嗜好飲料やジュースなどの加工食品が増えています。野菜が足りないからといって全てを野菜ジュースで補うのは避けてください。ジュースは血糖値がかなり上がります。
少肉多菜=肉の摂取量は右肩上がりに増え、魚は減っています。お肉が増えると動脈硬化、脂質異常症につながります。同じ蛋白質なら魚や大豆製品を食べたほうが血管のためにはよいのです。CKDの患者さんは蛋白質を多量に摂ると腎臓に負担がかかります。一般に、1日の蛋白質摂取目安量は0.9〜1g/体重kgですが、CKDが進行した場合3割減ほどに抑えます。ただ、低蛋白からエネルギー不足でやせてしまったら困ります。炭水化物や脂肪から十分にエネルギーを摂取します。低蛋白ご飯などの治療用特殊食品を上手に利用しましょう。カリウムが高いといわれたらカリウムを減らす工夫をします。カリウムは細胞膜の中にあるので、小さく切ってゆでると減らせます。電子レンジの加熱ではカリウムはあまり減らないので注意が必要です。腎臓がかなり悪くなると血液中のリンも上がってきます。リンを多く含むのはソーセージやハムなどの加工食品、乳製品などです。
少食多嚙=当院の調査では、肥満の人ほど大口でよく嚙まずに早食いでした。野菜を先に食べると血糖値の上がり方がゆるやかになります
少車多歩=車を使わずによく歩きましょう。ただし、運動だけでは不十分です。年配の方では筋肉が落ちることが問題になっていますが、栄養をしっかりとって運動することで筋肉がつきます。

過去のCKDセミナーの模様はこちらからご覧になれます。
  • 2013年 CKDセミナー in 東京
  • 2014年 CKDセミナー in 東京
  • 2014年 CKDセミナー in 名古屋
  • 2015年 CKDセミナー in 和歌山
  • 2015年 CKDセミナー in 東京
  • 2016年 CKDセミナー in 東京
  • 2017年 CKDセミナー in 東京
  • 2017年 CKDセミナー in 大阪
  • 2018年 CKDセミナー in 東京
  • 2019年 CKDセミナー in 東京