アサヒ・コム
検索使い方

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

リアルタイム全国統計にあなたも参加してみませんか? 広告特集 企画 朝日新聞社広告局
花粉症(06)対策 毎週更新 監修:聖路加国際病院 耳鼻咽喉科部長 今井透先生

他の人の対策や悩みも気になるところ。
「花粉症」全国統計にリアルタイムで
参加してみましょう! 
さぁ、あなたはどっち派?

投票結果

あなたの意見は、
多数派?
それとも少数派?

花粉症(06)対策 あなたはどっち? QUESTION 今年初めて花粉症の症状が出た

YES

   

NO

 

(22.9%) 373人

(77.1%) 1256 人

 
 
VOLUME 1 花粉症って一体なに? 花粉症2006対策

「花粉症」だと自覚症状を持っている人でも、実は、「花粉症」がどのようなメカニ
ズムで起こっているのかまでは知らない人が多いのでは? 
まずは、しっかりと「花粉症」がどのような病気なのかをお教えします。

「花粉症」って、どんな病気?

花粉症は、植物の花粉によって起こるアレルギー性の病気です。樹木や草木の花粉が飛ぶ季節に、花粉が目や鼻の粘膜に付着することで症状が現れます。
原因となる植物は様々ですが、その代表的なものはスギです。花粉症は、遺伝的な体質、住環境、食生活などの様々な要因が重なって起こります。

どんな症状が現れるの?
主な症状 → くしゃみ / 鼻水 / 鼻づまり / 目・のど・顔や首の皮膚のかゆみ
その他の全身症状 → 集中力の低下 / だるい / 熱っぽい / 倦怠感(けんたいかん)/ イライラする
「花粉症」のメカニズム
 

花粉がのどや鼻などを介して
体内に侵入。体内に入った
花粉を異物として察知し、
体内防御システムが作動する。

この異物を排除すると判断した
抗体は、肥満細胞からアレルギー
反応を引き起こす「ヒスタミン」
などの化学物質を分泌する。

その結果、くしゃみ、
鼻水、鼻づまりなどの
症状が引き起こされる。

 
バックナンバー 花粉症対策2006
 
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission