アサヒ・コム
検索使い方

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

リアルタイム全国統計にあなたも参加してみませんか? 広告特集 企画 朝日新聞社広告局
花粉症(06)対策 毎週更新 監修:聖路加国際病院 耳鼻咽喉科部長 今井透先生

他の人の対策や悩みも気になるところ。
「花粉症」全国統計にリアルタイムで
参加してみましょう! 
さぁ、あなたはどっち派?

投票結果

あなたの意見は、
多数派?
それとも少数派?

花粉症(06)対策 あなたはどっち? QUESTION 花粉症人口は確実に増えている

YES

   

NO

 

(96.98%) 1734人

(3.02%) 54 人

 
 
VOLUME 2 「花粉症」患者が増加する理由 花粉症2006対策

「花粉症」だと自覚症状を持っている人でも、実は、「花粉症」がどのようなメカニ
ズムで起こっているのかまでは知らない人が多いのでは? 
まずは、しっかりと「花粉症」がどのような病気なのかをお教えします。

「花粉症」患者が増加する理由
1 住空間、都市の近代化

サッシ窓の普及により、日本の住空間はより気密性の高いものになっています。これは一見「花粉などを侵入させないために、良い手段」のように思われるかもしれませんが、ダニやハウスダストなどが増えてしまう原因となっています。また、道路が舗装されることによって、本来ならば雨とともに土のなかに流されるはずの花粉が、常に空気中をさまよう結果を招いているのです。

「花粉症」って、どんな病気?
2 食生活の欧米化
「花粉症」って、どんな病気?

日本の食卓には、以前に比べ、欧米並みの高タンパクな料理が並ぶことが多くなりました。
高タンパクの食生活は、正常な免疫反応を促しますが、同時にアレルギー体質にも
なりやすいと言われています。

3 スギ花粉の増加

昭和30年代、国家の林業政策である「拡大造林」によって、日本中に大量のスギの木が植林されました。昭和50年代以降、これらの植林スギが一斉に花粉を飛散する樹齢に達したことにより、花粉症患者の数が徐々に増加しています。また、建築資材としてのスギの価値が低迷し、植林地が手入れされないまま放置されていることが、花粉飛散量の増大につながっているとも言われています。

「花粉症」って、どんな病気?
 
バックナンバー 花粉症対策2006
 
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission