Life Style
2017.11.10

“キャッシュレス社会”、進行中!?

“現金を持ち歩かずに暮らせる生活”が進行中だ。現金に代わるものが多種多様に出現していますが、現在、私たちが主に使っているのがプラスチックマネーと呼ばれる「クレジットカード」と「デビットカード」の2つ。「電子マネー」も急速に浸透しています。キャッシュレス社会で暮らすことって……?

(イラスト:もとき理川/構成・文:園田郁子、オフィスビー峰岸朱美)

クレジットカード、デビットカード…カードは賢く使い分けよう!

複数枚のカードを使い分ける生活が一般的になっていますが、日本は世界と比べるとまだ少数派。カードは持っているけれど使い過ぎが不安、小銭をカードで払うのは気が引けるなどと、あまり有効に利用されていません。

ここで改めて、それぞれのカードの特徴のおさらいを。

クレジットカードは、発行会社の審査を通った人しか持てない、社会的信用を示すものでもあります。クレジットカードで支払った代金は後日、銀行口座から引き落としなどで支払える便利なものです。カード利用の金額でポイントやマイレージが加算されるサービスも、うれしい利益です。

デビットカードは、銀行残高が使用金額の上限なので手軽に使え、残高の把握がしやすい。審査不要のものが多いのですが、自動融資機能がついているカードには、審査が必要な場合もあります。デビットカードは、日本国内の実際の店舗だけで使用可能なJデビットカードと、海外やネットでも使用可能なブランドデビットカードなど。

大きなお買い物はクレジットカード、少額はデビットカードや電子マネー、と使い分ければ家計管理がよりスムーズになるかも。

キャッシュレス社会は時代の趨勢(すうせい)!?

海外に目を向けると、キャッシュレス先進国のスウェーデンやデンマークでは、「現金お断り」の看板を出す商店も増えているとか。また、中国も都市部ではモバイル決済が主流になってきているようです。そんな流れは日本にも。11月6日、支払い方法を電子マネーやクレジットカードだけにした「GATHERING TABLE PANTRY」が東京都内にオープン。ついに日本も「現金お断り」の動きが進むのでしょうか?

自分の暮らしに合うキャッシュレスの環境を、きちんと考え、整える時がきています。

10:00 a.m.

今日は、友人B子さんと映画を観(み)る約束。電車で目的地へ

8:00 a.m.
友人のB子さんが、ネットでチケット予約

電車賃は交通系電子マネーカードで

10:30 a.m.

B子さんと待ち合わせて、映画館へ

便利アイテム1
割り勘アプリ「paymo」でチケット代金支払い

1:30 p.m.

B子さんと一緒に行きつけのコーヒーショップで遅めのランチ

支払いは各人、コーヒーショップ専用プリペイドカードで

2:30 p.m.

百貨店でショッピング

支払いは百貨店系クレジットカードで。ポイントゲット

4:30 p.m.

電車で地元に戻り、スーパーマーケットで特売食材をゲット

電車は交通系電子マネーカード、スーパーマーケットの支払いは、スーパーマーケット系カードで。ポイントゲット

9:00 p.m.

貯(た)まったポイントの使い方を夫と相談

10:00 p.m.

  • 便利アイテム2 家計簿アプリ「Zaim」で一週間の出費をチェック
  • 公共料金を 便利アイテム3 「Yahoo! 公金支払い」で支払い

    家族カードで決済

  • 化粧品をネットショッピングで購入

    独身の頃から持っているクレジットカードで決済

カードは賢くお得に使いましょう!

加藤梨里さん(フィナンシャルプランナー)

お手持ちのカード類、気づかないうちに増えていませんか?現在カード類の平均保有数は7.7枚。ここで例に出したA子さんの1日を見ると、とても平均的な日本人ということができます。

このA子さんのように、自分のカードの使い方を1カ月みてみると、それぞれのカードの使用頻度が見えてきます。もし、少額しか使っていないカードがあれば、たくさん使っているカードにまとめてしまいましょう。例えばA子さんが独身のころから持っているというクレジットカード。自分だけのために使いたい理由があるのかもしれませんが、頻繁に使うわけでなければ、日常的に使っている家族カードにまとめた方がポイントが貯めやすいかもしれません。ポイントはカードを分けるほど貯まりにくくなるので、カードの断捨離がおすすめです。「いま入会するとポイントが5倍になります」といった言葉につられて作ったカードにクレジット機能がついてきた、ということありますよね。その後あまり使うことがなければ迷わず解約しましょう。カードは分けるよりまとめる方向へ。定期的に見直しをすることは、賢くスマートな暮らしにつながると思います。

使ってみよう便利アイテム1

割り勘アプリ「paymo」

一人が代表してクレジットカードで支払い、レシートを撮影、paymoで1人あたりの支払額を入力、割り勘をする人たちにpaymoで支払い依頼を送る、というもの。受け取ったお金はpaymoの中に残しておき、次回の支払いに使うことができるほか、手数料200円を支払えば銀行口座に移すこともできます。

使ってみよう便利アイテム2

家計簿アプリ「Zaim」

家計簿アプリはレシートを読み込んで自動で記載。銀行やカードの口座と連携して、家計の総額の動きを見ることができます。すべての支払いをクレジットカードにすると、アプリへ入力することすら不要に。家計が見える化できるので、ムダを無くすきっかけになるかもしれません。

使ってみよう便利アイテム3

Yahoo! 公金支払い

各種税金や保険料などをクレジットカードで支払える「Yahoo! 公金支払い」。まだ、全国すべての市区町村で使える訳ではありませんが、一度サイトをのぞいてみる価値はあり!自動車税なども支払い可能。数万円単位の大きな金額をクレジットカードで支払えるので、ポイントやマイレージがついて、よりお得に!

Share us

この記事をシェアしよう!