【参加無料】10/14(土)
東京でシンポジウム開催
金沢大学の教育・研究に
触れてみよう
金沢大学

2015年3月、北陸新幹線の開通により東京駅からの所要時間が約2時間30分と飛躍的に短くなった石川県金沢市。「学都」とも呼ばれる金沢にキャンパスを置く金沢大学は、150年以上にわたる歴史のある国立大学です。
2008年度、従来の学部学科制から学域学類制に移行するなど、「地域と世界に開かれた教育重視の研究大学」を大学憲章に掲げて改革に取り組み、伝統と革新の融合から新たな知を創造しています。

今回、同大の教育・研究を紹介するシンポジウムを東京で開催します。
どなたでも無料で参加できます。シンポジウムの詳細や参加申し込みについては、以下、各シンポジウムのお問い合わせ先「関連リンク」から金沢大学Webサイトをご参照ください。
秋の一日、金沢大学の知の魅力を感じてみませんか。

第1回金沢大学教育改革シンポジウム

テーマ:グローバル社会の中核的リーダーとして活躍する
「金沢大学ブランド」人材の育成

日時:2017年10月14日(土)10:00~13:30
場所:一橋講堂 2階 中会議場および1階 特別会議室
(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)

金沢大学は、「グローバル社会の中核的なリーダーとして活躍する『金沢大学ブランド』人材の育成」に全力を挙げて取り組んでいます。本シンポジウムでは、同大の教育カリキュラムに加え、共通教育改革や共同大学院など、同大の教育改革の現状と成果について紹介します。

講演プログラム


    ○第1部(10:00~12:00)
  • ・教育改革概要説明「金沢大学の進めるグローバル人材育成プラン」(金沢大学理事・副学長 柴田 正良)
  • ・講演「これから必要とされるグローバル人材とは」(講師:橋本 賢二(経済産業省産業人材政策室室長補佐))
  • ・パネルディスカッション「金沢大学の学びと社会はどうつながるか」(パネリスト:同大の学生およびグローバル社会で活躍する卒業生、ファシリテータ:橋本 賢二(経済産業省産業人材政策室室長補佐))

  • ○第2部(12:00~13:30)
  • ・情報交換:学生の進路に関する情報および名刺交換
    (学類長・就職担当教員等、企業の人事担当の方(希望者のみ))

お問い合わせ先




第10回金沢大学未来開拓研究公開シンポジウム

テーマ:健康研究の最前線


日時:2017年10月14日(土)13:00~16:25
場所:一橋講堂2階 中会議場
(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)

金沢大学は、地球規模で遭遇する現代社会の課題に立ち向かうべく、先進的・独創的な研究に係る国際的な研究拠点の形成を目指しています。10回目となる今回の公開シンポジウムでは、さまざまな視点から健康を捉えた本学の研究を取り上げ、睡眠や体内時計、細胞死に関する基礎的研究とともに、最新のイメージングやロボット技術に関する臨床的研究について紹介します。

講演プログラム


  • ・「体内時計と健康」(講師:三枝 理博(医薬保健研究域医学系教授))
  • ・「細胞死による健康の維持」(講師:中西 義信(医薬保健研究域薬学系教授))
  • ・「MRIで健康を撮し出す」(講師:宮地 利明(医薬保健研究域保健学系教授))
  • ・「子どものこころと脳の健康」(講師:三邉 義雄(子どものこころの発達研究センター長・教授))

お問い合わせ先

朝日新聞デジタル大学ニュース

先進の研究、地域連携からコラボスイーツまで
朝日新聞デジタル 大学 記事一覧

注目の特集