創立50周年
ようこそ伝統と実績の
東京立正短期大学へ!

東京立正短期大学

東京立正短期大学(定員100名/共学)は、城西の名刹 堀之内妙法寺を母体とする学校法人堀之内学園によって、昭和41年(1966)に東京立正女子短期大学として設立され、「教育の基本は言語教育にあり、大学教育の基礎は外国語教育によって培われる」との考えから、英米語学科が設置されました。平成17年度からは、国際社会に寄与し、人間関係の形成と職業に必要な多様で幅広いコミュニケーション能力を身に付けた人材の養成をするため、現代コミュニケーション学科に改組。現在、現代コミュニケーション学科に、現代コミュニケーション専攻(定員50名/心理コース・ビジネスコース・観光コース)と幼児教育専攻(定員50名)の2専攻制とし、コミュニケーション能力の高い人材を育成しています。

就職率100%*(2016年3月卒業生実績)

2016年3月に卒業した就職希望者のうち100%*の学生が就職先を決めています。少人数教育のため、一人一人が手厚いサポートを受けることができ、学生たちの就職意欲も高いのが特徴です。今年も、昭和信用金庫、湘南農業協同組合、三菱鉛筆東京販売株式会社などへの就職が決まり、滑り出しは好調です。
*就職率100%=(就職内定者数55名÷就職希望者数55名)×100

高い資格取得率

現代コミュニケーション専攻では、授業でのバックアップはもちろん、放課後や土曜日に行われる講座、夏期休暇中などに学内で開講される集中講座により、マイクロソフトオフィススペシャリスト(Word/Excel)・医療事務・世界遺産検定・国内旅行業務取扱管理者・ピアヘルパーなど様々な資格に合格しています。平成27年度は、実にのべ124名が様々な資格を取得しています。
幼児教育専攻では、2年間で「幼稚園教諭二種免許」「保育士資格」の取得が可能となっています。また、本学の専攻科(1年制)に進学し、3年間のゆとりある教育期間で資格取得することも可能です。それぞれのペースで実力をつけ実践的な保育者を目指します。

現代コミュニケーション専攻の特色

編入学

毎年10名程の学生が、東京立正短期大学を卒業後、四年制大学の3年次に編入学しています。多くの大学からの指定校推薦枠があり、高校からストレートに志望大学へ進学することができなかった場合でも、この指定校推薦枠を利用し、最終的には念願だった四年制大学に編入学を果たす学生もいます。将来について実践的に学ぶ「キャリアデザイン」では、就職希望コースと編入学希望コースに分かれ、編入学希望コースでは目指す四年制大学に応じた個別指導も行いながら学習を進めます。

就職

将来について実践的に学ぶ「キャリアデザイン」や、「秘書学概論」「秘書実務」「ビジネスマナー概論」などを通じて、社会・マナー・コミュニケーションなどを学び、即戦力となるべく、社会人基礎力を有した人材育成を目指しています。

幼児教育専攻の特色

2年間で「幼稚園教諭二種免許」「保育士資格」取得可能

必修科目である「ボランティア」では、ボランティアを実践するための知識と方法を学んだうえで、ボランティア活動に参加します。ボランティア活動は、コミュニケーション能力も身につき、自分自身の成長にもつながり、幼稚園実習、保育園実習、施設実習にその体験が生かされます。

公務員

難関といわれる公立幼稚園の教諭や公立保育所の保育士を目指す学生に対し、全員合格を目指した公務員講座を学内で開講します。卒業生からはほぼ毎年、23区を中心に地方公務員(保育職)を輩出しています。

専攻科

卒業後、東京立正短期大学の専攻科(1年制)に進学し、認定ベビーシッター、認定病児保育スペシャリスト、ネイチャーゲームリーダーなどの資格を取得することも可能となっています。付加価値を付け、高度な専門知識を身に付けた保育者を目指します。

高校時代の活躍に応じた奨学金給付型入試(AO入試(特待生)制度)

スポーツ成績優秀者、資格取得者、ボランティア活動経験者など、高校時代の活躍に応じ、返還無用の奨学金を給付するAO入試(特待生)を行っています。東京立正短期大学では、特に女子バレーボールに力を入れており、この入試制度で入学した学生の活躍によって、10月に開催された第57回東京都私立短期大学体育大会(バレーボール女子)で優勝をし、四連覇を果たしました。また、9月に開催された第69回杉並大会(女子バレーボール部)で初優勝しています。

特待生への奨学金

  • Ⓐ入学金および初年度前期授業料給付
  • Ⓑ入学金の半額および初年度前期授業料給付
  • Ⓒ初年度前期授業料給付
  • Ⓓ初年度前期授業料半額給付

※詳しくは、東京立正短期大学公式サイトでご確認ください。

お問い合わせ

  • 東京立正短期大学
  • 〒166-0013 東京都杉並区堀ノ内2-41-15
  • TEL.03-3313-5101(広報部)

関連リンク

朝日新聞デジタル大学ニュース

先進の研究、地域連携からコラボスイーツまで
朝日新聞デジタル 大学 記事一覧

注目の特集