立教大学が提案する
グローバルリーダー輩出のための
「Global Liberal Arts
Program(GLAP)」
2017年4月、スタート

立教大学

世界は、大きく変化しています。グローバル化の進展に伴い、さまざまな文化や価値観が国境を超え、新たな対立さえ生み出し、未来も不透明になっています。こうした時代にあって、これからの社会を生き抜く力を育成することは、大学の重要な役割です。創立以来、キリスト教に基づく教育とリベラルアーツの理念を礎に、真の国際人を育成する教育を進めてきた立教大学は、新しい時代のグローバルリーダーの育成を目的とした「Global Liberal Arts Program(GLAP)」を2017年4月にスタートします。これまでにない、全く新しいGLAPの教育内容をご紹介します。

英語で学ぶ少人数教育の実施

Global Liberal Arts Program(GLAP)とは、入学時から所属するコースの名称で、原則英語で授業が行われる科目の履修だけで学位の取得が可能です。自由に学問を探求し、視野を広げ、さまざまなものの考え方を理解するリベラルアーツの学びは、立教大学の特長です。特定の分野に特化した学修ではなく、複数の分野にわたって学ぶため、多様なものの見方・考え方を養い、グローバル化が加速する社会において最も重要な、“世界の人々と理解し合いながら協働する力”を養います。

学生数は1学年20名程度と少人数。教員との距離が非常に近く、学生一人ひとりがきめ細かな指導を受けることができる教育環境です。1年次のTutorialでは、最大5名という超少人数で導入教育を行い、論理的思考の基盤となる力を身に付けます。世界の課題に当事者意識を持ち、自分を高め続ける意識が芽生え、率先して学ぶ姿勢へとつながります。

入学後、1年半の全寮制

入学から留学までの1年半は、留学先での寮生活を視野に入れ、GLAP生全員が留学生と一緒に寮で生活します。大学の授業だけではなく、普段の生活も含めて、国籍も文化も価値観も異なる留学生たちと寝食を共にし、密な人間関係を築き、そして刺激し合いながら切磋琢磨します。自主的に寮の運営も行うことで、多様なバックボーンを持つ人々と力を合わせて課題に取り組むという、貴重な経験を重ねていきます。その経験は、2年次からの留学をより有意義なものにします。

2年次秋学期から3年次春学期の1年間、全員が海外の協定校に留学します。協定校は伝統的にリベラルアーツ教育に定評のある大学であり、厳選した名門校です。留学にあたっては、アカデミック・アドバイザーと連携し、履修状況や本人の意向も考慮して、留学先や履修科目を検討します。日本とは異なる環境で多様な文化や習慣に触れ、英語によるコミュニケーション能力を向上していきます。また、国境を越えた幅広い人的ネットワーク形式につながります。

全員が1年間の海外留学専門教育を学ぶ

留学から帰国後、学生は複数分野の科目を履修しながら、より広い視野を身に付けていきます。同時に、1年次からの学びや留学経験などを経て、自らが特に興味や関心を持った領域について、「Humanities」「Citizenship」「Business」という3分野から選択し、より深く学びます。4年次には、4年間の学びの集大成として、「Final Year Seminar」を履修するとともに卒業論文(Graduation Paper)の執筆に取り組みます。

新しいグローバルリーダーへ

GLAP生は、入学から卒業まで、自ら考え、行動し、世界と共に生きる新しいグローバルリーダーとして活躍するために、さまざまな学びや経験を積み重ねていきます。卒業後は、国内外の大学院進学やグローバル企業、NPO・NGOなどの国際機関でリーダーシップを発揮しながら活躍することが期待されます。

お問い合わせ

  • 立教大学
  • 〒171-0021 東京都豊島区西池袋3−34−1
  • Global Liberal Arts Program開設準備室
  • TEL:(03)3985-4612

関連リンク

大学選びに役立つ特集

朝日新聞デジタル大学ニュース

先進の研究、地域連携からコラボスイーツまで
朝日新聞デジタル 大学 記事一覧

注目の特集