2018年4月、
首都圏初のデータサイエンス学部
が誕生します。
横浜市立大学

データの持つ力で新たな社会的価値を創造できる人材を育成

いま、社会はIoT(Internet of Thing)の活用によりすべてのものがつながり、「第4次産業革命」を迎えつつあります。医療関連のデータやSNSの何気ないつぶやきなど、日々膨大なデータ=ビッグデータが生まれ蓄積されています。これらビッグデータの活用を推進し、データから新たな価値を見出すデータサイエンス人材の育成に取り組むため、横浜市立大学(YCU、窪田吉信学長)では2018年4月、「データサイエンス学部」を開設します。「データサイエンス学部」では、データを読み解くために必要な数理や統計の基礎的な知識をはじめ、社会で必要なコミュニケーション能力や、イノベーションを起こす発想力、次世代に通用するビジネス力を養成し、ビッグデータから新たな社会的価値を創造できる人材の育成をめざします。

データサイエンス学部の特徴


首都圏初の、データサイエンス学部

  • ・日々蓄積される膨大なデータから未来を拓くデータサイエンス人材を国際都市横浜から輩出
  • ・首都圏の医療活動や経済活動等の展開に伴って蓄積されるビッグデータやオープンデータが活用できる

医学部、国際総合科学部を有する総合大学としての学びの広さ

  • ・課題発見・解決力の養成に取り組む文理融合型の学部教育を実践
  • ・医学、生命科学、理学、経済学、経営学、社会学など、データサイエンスに展開できる多様な応用分野を有する

データサイエンス人材に不可欠な現場実践力を養成するカリキュラム

<文理融合>
統計学、計算機科学をベースとしたデータサイエンスの専門教育に加え、文系・理系の枠組みを越えた教育カリキュラムを提供

<現場重視>
企業や医療機関との連携を通じたPBL(Project Based Learning=課題解決型学習)により、実務を体験し、データが発生する「現場」の知識を学びながら、同時にデータ分析を通じたコミュニケーション力や課題発見・解決力を培う演習を豊富に用意

<国際水準の英語力>
TOEFL-ITP500点相当以上を3年次への進級要件とした英語教育を課し、世界で活躍するためのコミュニケーションレベルを修得。

カリキュラムの特色

データサイエンス学部では、超スマート社会の到来により様々な場面で蓄積される膨大なデータ情報の中から、社会ニーズに対応した課題を発見、解決策を提示し、各分野でイノベーションを引き起こしていくために必要となる教育・研究を実施します。

  • ・統計学と計算機科学の基礎を学んだ上で、医学、経済学、経営学、理学における幅広い分野のデータサイエンスを学修することができます。
  • ・3年次の専門学問領域演習、4年次の卒業研究において、産業界、自治体等をはじめ、データが生まれる現場の協力を得て、PBLを通じたコミュニケーション能力、課題発見・解決能力を修得していきます。

DS:データサイエンスの略

想定される進路。未知の職業を開発できる可能性もあります。

データサイエンス学部が育てるのは、文理融合の「知」を持った人材です。卒業後は、時代をリードする幅広い分野での活躍が期待されます。それは、まだ存在していない職業かもしれません。

  • ・金融(銀行、証券会社、生命保険・損害保険会社など)/データコンサルタント、データアナリスト
  • ・IT企業(インターネット関連会社、ネットショッピング運営会社など)/製品開発、データマイニングエンジニア
  • ・製造業(電機メーカーなど)/製品開発、データマイニングエンジニア
  • ・広告代理店、総合商社/アカウントマネージャー、マーケティング担当
  • ・製薬メーカー、大学病院/臨床研究専門家
  • ・公務員/オープンデータに基づくアナリスト

人口370万人を有し、我が国の開港・開国の地に立脚する横浜市立大学は、横浜にふさわしく、開放的で国際性、進取性に富む学風を持ってます。一方、医学部をはじめ地域に根差し、貢献する研究活動も使命としており、幅広い分野のデータを得ることが期待されます。第4次産業革命に相応しい人材育成に適した環境といえます。

お問い合わせ

  • 横浜市立大学[公立]
  • 〒236-0027 神奈川県横浜市金沢区瀬戸22-2
  • TEL.045-787-2055(アドミッションズセンター)

関連リンク

朝日新聞デジタル大学ニュース

先進の研究、地域連携からコラボスイーツまで
朝日新聞デジタル 大学 記事一覧

注目の特集