• ホーム
  • 2018年度 大学入試インフォメーション

英語外部(4技能)試験について聞きました

英語4技能試験の入試での活用

2020年度からの英語4技能試験の導入に先立ち、既に多くの大学が民間の英語4技能試験を活用して、選抜をおこなっています。文部科学省の調査のたびに、活用する大学が増えており、2020年度に向けてさらに増加していくことが予想されます。

4技能試験の対策をすることにより、英語力全般を鍛えることができるため、グローバル化社会の中で活躍できるベースをつくることになります。特にWritingやSpeakingの能力は今後ますます重要になります。また、出願を予定している大学が同じ4技能試験を採用していれば、英語に関しては、大学ごとに個別の対策をする必要がなくなります。

それでは4技能試験は、実際にどのように活用されているのでしょうか。主に(1)出願要件、(2)みなし満点、(3)点数加算、などと分類することができます。

(1) 出願要件のケース

大学が指定する4技能試験のスコアやレベルをクリアすると出願資格が与えられ、英語の試験は免除されます。例えば英語を含む3教科の入試の場合、英語が免除されるため、入試で受験するのは2科目ということになります。

(2) みなし満点のケース

大学が指定する4技能試験のスコアやレベルをクリアすると、英語は満点とみなされ、これに他教科の成績を合計した総合点を基に合否判定が行われます。

(3) 得点として加算のケース

大学が指定する4技能試験のスコアやレベルを大学独自の得点に換算して、入学審査を行います。例えばGTEC CBTで800点の場合を80点、1,000点は100点などと換算し、他の教科の成績を合計した総合点を基に、合否判定が行われます。

いずれの場合も、出願する大学のホームページなどで、選抜要項や募集要項をよく確認して、選抜の仕組みを理解してから、対策を始めましょう。

主な英語4技能試験の特色

英語4技能試験の中でも、多くの大学が採用している試験を確認してみましょう。

TOEFL iBT®やIELTS™は、留学を希望する人達が大学レベルの授業についていく英語運用能力を保持しているかを測定することが主な目的の試験です。いずれも世界中で実施されているグローバルな試験です。それだけに高校生にとっては、十分な対策が必要といえます。大学入学後に交換留学を考えている場合、今からこれらの試験の対策を始めても良いでしょう。TOEFL iBT®では、SpeakingとWritingのセクションで統合型と呼ばれる問題が出題されます。「読んで、聞いて、話す」「読んで、聞いて、書く」といった問題で、いずれもListeningの内容がカギになります。Listeningの力が強くないとTOEFL iBT®で高いスコアを取るのは難しくなります。一方IELTS™のListeningには問題ごとに異なる解答準備時間があり、設問と選択肢を確認できます。Listeningの力が弱い場合、IELTS™の方が取り組みやすいといえるでしょう。

TOEIC®およびTOEIC® S&Wは、主としてビジネスでの英語運用能力を測定するテストです。世界中で実施されていますが、特に日本と韓国の受験者数が他国を大きく引き離しています。専門的な知識は必要ないとはいえ、ReadingやListeningのパッセージはビジネスに関連したものが多く、必ずしも高校生向きとはいえません。ただし、多くの企業が社員の採用や昇進などでスコアを活用しているため、大学生の間に受験することが多い試験です。

英検に関しては、多くの大学が準1級以上を採用しています。これまで2級にはWritingがなく、4技能試験とはいえませんでしたが、2016年度にWritingが導入されました。これにより4技能試験となったため、2級以上を採用する大学もでています。

GTEC CBTやTEAPは大学入試用に開発された試験で、高等学校の学習指導要領も考慮して作成されています。そのため、高校生が対策しやすい試験といえます。GTEC CBTはListeningとReadingセクションがCAT〔Computer Adaptive Test(ing)〕と呼ばれる形式で実施されています。CATでは、最初に標準的なレベルの問題が出題され、受験者の正答・誤答の状況により、次に出題される問題が変わります。正答が続けば問題が難しくなっていき、誤答が続けば問題が易しくなっていきます。つまり同じ受験日でも、受験者によって出題される問題が異なることになります。難しい問題で正答が多ければ、スコアが高くなる仕組みです。TEAPは日本英語検定協会と上智大学が共同開発した試験で、英検と似た形式の問題も多く出題されています。Speaking以外の各セクションで図表の読み取りに関する問題が出題されます。また、Speakingでは、受験者が面接官に質問する形式の問題もあり、他の面接試験にない特色です。

英語4技能試験対策の進め方

対策の大きな流れは、センター試験や各大学の個別試験を受験する場合と同様です。まず、各試験の概要〔パソコンかペーパーか、試験日、会場、申込方法など〕やフォーマット〔問題の傾向、問題数・設問数、解答時間など〕を確認します。

試験によっては受験に際しての規定があるため、注意が必要です。例えば、IELTS™は16歳以上、TEAPは高校2年生以上という制限があります。また、TOEFL iBT®は土・日を中心に6回程度実施されている月もありますが、次回の受験まで中12日空ける必要があります。GTEC CBTは年度内に設けられている3回の試験日のうち2回までしか受験できません。

受験する際に必要な身分証明書についても慎重に確認する必要があります。IELTS™では、有効期限内のパスポートしか身分証明書として認められていません。

各試験のウェブサイトには、サンプル問題や過去問などが掲載されていますので、対策の初期の段階で演習してみましょう。演習の結果から、今後の対策の指針を得て、使用する教材を決め、試験日までの対策スケジュールを練ります。各試験団体が発行している公式教材には、過去問や評価基準・サンプルアンサーなどが掲載されています。これらを活用すると、より実戦的な対策が可能です。本試験の直前にも同様の環境で過去問を演習し、当日に備えましょう。

また、面接形式のSpeakingを実施するIELTS™、英検、TEAPでは、面接の様子がわかる動画もウェブサイトで視聴できます。受験の際の不安を取り除く意味でも、確認しておきましょう。

コンピュータ試験〔TOEFL iBT®、TOEIC® S&W、GTEC CBTなど〕を受験する際の注意点

peakingでは、各自がパソコンに向かって自分の音声を吹き込むことになります。そのため、受験者は、同じテストルーム内〔収容人数は会場により15人から50人以上まで様々〕の他の受験者の声で集中できないことがあります。TOEFL iBT®とTOEIC S&Wでは、当日試験会場での手続きが済んでから、受験者にパソコンが割り当てられ、録音マイクのチェックが終わった段階で試験を開始します。ペーパー試験と異なり、一斉スタートの形式ではありません。

TOEFLではマイクのチェックが、試験開始前とSpeakingセクション開始前の2回あります。同じテストルームで、先に開始した受験者が最初のセクションであるReadingにとりかかっているのに、後から入室した受験者が声を出してマイクのチェックをするため、Readingにとりかかっている受験者は自分のペースがつかめない、といったことがあり得ます。コンピュータ試験の場合、「慣れ」や「集中力」もスコアアップのための重要な要素です。

なお、2016年10月に初めて実施されたTEAP CBTのSpeakingは、オンラインを通じて受験者とファシリテーターとの双方向のやり取りがある面接形式でしたが、2017年度からはパソコンに向かって自分の音声を吹き込む録音形式に変更になると発表されています。

TOEFL iBT® is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS). This publication is not endorsed or approved by ETS.
TOEIC® is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS). This publication is not endorsed or approved by ETS.

関連リンク