• ホーム
  • 2018年度 大学入試インフォメーション

学部・学科 新設&改組のご案内

2018年度入試でも学部・学科の新設や改組を行う大学があります。このガイドでは主な大学を紹介していきますので、興味のある大学・学部・学科があればホームページや大学案内で最新の詳しい情報を調べましょう。

駿台予備学校 広報部 藤原亜美さん

まず国公立大学について紹介します。
九州大学は、複雑化するグローバル社会の課題について、多様な人々と共に構想し、新たな物事を創造するために、文理の両マインドを兼ね備えた人材育成をめざす共創学部を新設します。同様の目的で広島大学では、国際社会のさまざまな問題や課題の解明と解決を目指し、文理融合型のリベラルアーツ教育を行う総合科学部国際共創学科を新設します。広島大学では、さらに情報科学部の新設と工学部の改組も行われます。

公立大学の動きも活発です。首都大学東京では、都市教養学部を人文社会学部、法学部、経済経営学部、理学部の4学部に改組、理工学系の電気電子工学コースと機械工学コースをシステムデザイン学部に再編・統合、都市政策コースを都市環境学部に再構築します。いずれも、受験生には学部、学科がわかりやすくなる改組なので人気がアップしそうです。横浜市立大学では、首都圏初のビックデータの解析等を行うデータサイエンス学部を新設します。大阪市立大学では、商学部に公共経営学科を新設し、商学科と一括募集を行います。

続いて私立大学の主な学部・学科の新設について見てみましょう。
明治大学では、文学部心理社会学科に哲学専攻を新設します。立命館大学では、経済学・経営学を基盤としながら食科学を学ぶ食マネジメント学部を新設、理工学部に都市システム工学科と環境システム工学科を統合した環境都市工学科を新設します。また、国際関係学部に日本初となる海外大学との学部間ジョイント・ディグリー・プログラム、アメリカン大学・立命館大学国際連携学科を開設します。最初の1年半を立命館大学で学び、その後の2年間をアメリカン大学、最終の半年を立命館大学で学びます。なお、一般入試での募集はないので、注意してください。また、全国的に看護師不足の状況を反映して、今年度も看護系の学部・学科の新設が多数見られます。

なお、紹介した情報は現時点では予定のものもあり、今後変更の可能性もありますので、各大学のホームページや入学者選抜要項、学生募集要項等で必ず確認してください。

受験生の皆さんとしては、「新設の学部・学科はどれくらいの人気になるのか、難易度はどれくらいになるのか」が気になる点だと思います。新設の学部・学科では過去の入試データがないので、なかなか受験生には判断が難しいといえます。そこで、最新動向を知るために、まず模試の受験をお勧めします。志望大学として登録すると、返却される個人成績表に志望者数や席次、合格可能性などが掲載されますので、ぜひ参考にしてください。新設大学、学部、学科でも、既存の併願校の目標ラインと比較すれば難易度の目安はつかめるでしょう。

また、学部・学科の新設、改組の他にも入試方式の変更や募集人員の変更をする大学が例年多数ありますので、自分が志望している大学については、しっかりと最新情報を確認した上で出願をしてください。どの大学も出願をしなければ合格はありません。後悔のないように自分が「本当に入りたい大学」を受験することが何よりも大切です。

関連リンク