現在位置:
  1. asahi.com
  2. クリスマス特集

クリスマス目前、緊急アンケート!
今のうちに知っておきたい女性の本音!

Q カップルにとってクリスマスは特別なイベントだと思う?

グラフ

約6割の女性が、クリスマスを2人の大切なイベントだと考えているようです。そのぶんあれが見たい、これが欲しい、と期待が膨らんでしまうのは、もうこれは仕方がないこと。むしろそんな特別な日をあなたと過ごしたいと思っているわけです。愛おしいじゃないですか。ここはひとつ、ちょっとだけがんばってでも、彼女の最高の笑顔を見ましょうよ。

Q 今年のクリスマス、彼と過ごすのはいつ?

グラフ

やっぱり一番多いのはクリスマス・イブである24日ですが、ここはさすがに社会人。仕事の都合もあるのか、さまざまな結果が並びました。確かにお互いいい大人なわけですから、バタバタと待ち合わせ場所に走ったり、仕事を気にしながら食事をするくらいなら、2人で相談のうえ、ゆっくり過ごせる日を選ぶのもひとつの手かもしれません。

Q 彼氏がいないクリスマス。男性からデートに誘われたらOKする可能性はいつもより高い?

グラフ

恋人のいないクリスマスを寂しいと感じているのは、男性も女性も同じ!せっかくなら異性と過ごしたいのが本音のようです。気になっている女性がいるのなら、このタイミングを逃す手はありません。「クリスマス一緒に過ごそうよ」と勇気を出して一言!もしダメな場合は、フリー同士で集まって飲みつぶれるもよし。一人でクリスマスケーキを1ホール食べきるもよし。忘年会ですっかり忘れるのもよし。そこはご自由に!

Q クリスマスディナー代、彼にどれくらい払って欲しい?

グラフ

たびたび勃発する「男は食事代を全額払うべきか論争」。この結果を見ると、半数以上の女性が、全額支払って欲しいと思っているようです。しかし普段のデートのことは置いておいて、これはあくまでクリスマスというスペシャルデーの話。きっと彼女も精いっぱいオシャレしていることでしょう。褒められたくてワンピースを買ったかも。美容院にも行ったかも。ここはその心意気に免じて、レディーとして扱ってあげて欲しいのですが。どうでしょう?

Q 大好きな彼へのプレゼント代、いくらまでなら出せる?

グラフ

だいたい2万円前後というのは、彼から自分へのプレゼントにかけてほしい金額とあまり変わらないよう。ここは彼女たちの気持ちに一安心というところでしょうか。価格帯からいって、財布やマフラーなどの小物がプレゼントの主流になりそうです。もし狙っているモノがあるのなら、さりげなくアピールしてみては。

今年のクリスマス、何をプレゼントされたい?

グラフ

プレゼントとして根強い人気のアクセサリーですが、男性諸君は危ぶむことなかれ。最近は比較的安価で上質なものもたくさん登場しています。しかし多くの男性にとっては不得手なジャンル。あれこれ悩むくらいなら、「アクセサリーをプレゼントしたいのだけれど、どんなのが好き?」とストレートに聞くか、「一緒に買いに行こう」と誘うのがベター。くれぐれも「一生懸命選んだのにあまり喜んでもらえない」という結果だけは回避したいところです。

クリスマスを彼と過ごすなら、家で?それとも外で?

グラフ

「外に出かけたい」と答えた方、具体的にどこに行きたい?

グラフ

「クリスマスは特別な日」という想いの表れか、多くの女性が「外で過ごしたい」と思っているよう。ただこれはとくに難しいことを期待している わけではなく、レストランやホテルで過ごしたいという女性が大半。よっぽどの理由がない限り、外で過ごすことを前提にしてプランを立てる のが賢明と言えそうです。

<情報提供>

東京OLを中心に会員95万人に支持される女性情報サイト。
人気の『プレミアム予約』をはじめ、アンケート調査結果、デートやアフター5に使える情報が満載。

東京OL支持率No.1サイトOZmall(オズモール)を見る