デザートサファリ

黄金色の大地を駆け回ろう! エジプト×サファリ

もっともエジプトらしい光景を楽しみたい方にぴったりのアクティビティ、それがサファリです。どこまでも続く黄金色の砂漠、突如として現れるオアシスのみずみずしさ、そして頭上に広がる満天の星。サファリで出会う宇宙の遠い星を連想させる光景は、一生忘れられない思い出となるでしょう。

エジプトの魅力をたっぷり味わえるサファリ


ジープ・サファリ

ナイル川の恵みを受ける肥沃な地域から離れると、黄金色に輝く砂漠が広がります。この砂漠こそ、訪れた人々の忘れえぬ光景の一つとなるでしょう。サファリはこのエジプトの醍醐味をたっぷり味わえるアクティビティです。果てしなく広がるサハラ砂漠を見ていると、まるで時間が止まったかのような不思議な感覚に誘われます。そしてその広大な黄金の世界のなか、ぽっかりと浮かぶ島のように見えるのが、ファイユーム、カルガ、ダクラ、シーワなどのオアシスです。これら西部砂漠にあるオアシスへは、カイロやルクソールから車で行くことができます。「砂漠」と聞くと、ストイックな体験のイメージがあるかもしれませんが、それはご心配なく。スノーボードのように砂の上をボードで滑り降りる“サンド・サーフィン”や、ジープでジェットコースターのように荒々しく砂丘を駆け巡る“ジープ・サファリ”、そして砂を巻き上げながら走る“4輪バギー・サファリ”や夜通しラクダに乗って砂漠を進む“ラクダ・サファリ”など、砂上だけでもさまざまなアクティビティが用意されているほど、サファリは誰でも楽しめるエンタテインメントです。オアシスでのひと時やキャンプ、夜の星空と、大いなる自然にすっぽり身を委ねてください。

色彩のコントラストを楽しむバハレイヤ・オアシス


白砂漠

サファリ・ツアーの中でも人気が高いのが、カイロより車で4時間ほどの場所にあるバハレイヤ・オアシス。人気の秘密は景色の多彩さにあります。果てしなく続く美しい砂丘の中腹から見下ろす豊かなヤシの木々や、玄武岩の真っ黒な世界がミステリアスな雰囲気の“黒砂漠”、そしてまるで月面に立っているような錯覚に陥る“白砂漠”。白砂漠は長い年月の間に風にさらされることにより生れた奇岩群が見どころです。円錐形や円柱形、マッシュルーム型と形はさまざまですが、この真っ白な岩が朝陽や夕陽に染まると、なんとも美しい幻想的な輝きを演出してくれます。砂漠やオアシスでたっぷり遊んだ後は伝統的なベドウィン・キャンプでのひと時が待っています。エジプトならではのお茶やオアシスで採れた果物、砂の中で焼かれたパンを頬張りながら、燃え上がるキャンプファイヤーを見つめていると、気分はまさに遊牧民。バハレイヤにはアイン・アル・ベシュモをはじめ、10か所以上もミネラルたっぷりの温泉が湧き出しています。砂漠に浮かぶ銀河を見上げながら入る温泉は、忘れられない経験となるでしょう。

クレオパトラが愛した泉が湧き出るシーワ・オアシス


クレオパトラ鉱泉

エジプトの伝統文化をより深く体験したい方には、シーワ・オアシスがお勧めです。「偉大なる砂の海」と呼ばれる大砂漠の端に位置するこのオアシスは、紀元前331年にアレキサンダー大王がアモン神の神託を受けた土地として知られています。そのためかシーワの人々は独自の文化と習慣を持ち、伝統的な衣装や装飾品を身に着けています。これら独特の雰囲気を持つ装飾品や敷物はおみやげとしても人気です。シーワ付近の遺跡や温浴地には、徒歩かレンタサイクル、またはカレッタと呼ばれるロバ車で訪れることができます。中でも世界中から多くの人が集まるのがアメン神殿近くにある泡立った温水、“クレオパトラ鉱泉”です。名前からも分かるように、ここは絶世の美女と言われるクレオパトラがかつて美のコンディションを整えるためにこよなく愛した温水です。もちろん現在でも入浴ができます。また古代シャリ町の遺跡を抜けて丘を登れば、シーワ・オアシス全体の壮大な景色を眺めることができます。ここからの眺めは、まさにこの世のものとは思えない美しさです。心身が浄化されていくような不思議な体験ができるでしょう。これ以外にもオアシスは点在していますのでどのようなオアシスを訪れてみたいか旅行会社に相談することをお勧めします。

お勧めのエジプトツアー

  • Five Star Club
  • ワールドエクスプローラ
  • クラブツーリズム
  • JTB旅物語
  • 日本旅行
  • 株式会社ユーラシア旅行社
  • エス・ティー・ワールド
  • 近畿日本ツーリスト
  • ルックJTB
  • グローバル ユース ビューロー
  • H.I.S.
  • 名鉄観光

asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.