治療と検査の最新医療情報トップページ 大腸内視鏡検査 動体追跡装置とCT同室設置 バックナンバーはこちらから

特集記事: 2008年1月31日 [ 「いい病院2008」 1月31日 掲載 ]

手術困難な“がん”患者に朗報通院できる定位放射線治療「ノバリス」

医療法人社団人優会 理事長 熊本放射線外科 院長
古後 佳生(こご かせい)

古後 佳生院長写真

熊本大学医学部卒業。
「高校時代にはロケット工学にも憧れました。
そんな工学好きの傾向は、定位放射線治療の
治療計画の設計に役立っているのかもしれません」
(古後 佳生院長)

****

近年、がん医療において放射線治療技術が急速に進展している。中でも定位放射線治療は、放射線の照射域をがん病変などの形状に一致させ、多方向から集中照射して目標病変だけを治療する精密放射線治療として注目されている。熊本放射線外科はこれまでのサイバーナイフに加え2005年5月、定位放射線療法の次世代モデルで、国内3台目となるノバリス・システム(以下、ノバリス)を導入、治療を開始した。以来今日までに約1500症例の治療実績(2007年12月現在)を上げている。

ノバリス・システム

ノバリスの概要を紹介してください。

古後  ノバリスには大きな特長が3つあります。それは、(1)通常の照射方法に加えて個々の細い放射線ビームに強弱をつけて、目標病変の形状に最適化されたビームの集合体として照射する強度変調放射線治療(IMRT)ができる、(2)赤外線とX線の監視システムにより、治療中にも患者さんの位置とがん病変の場所を正確にとらえ、監視・補正することができる、(3)IMRTの照射技術を、定位精度で行える――ことです。
このため、脳内および頭頸部(眼科・耳鼻咽喉科・口腔外科領域)のがんや腫瘍、さらに従来の放射線治療では困難だった体幹部のがん(甲状腺がん、肺がん、肝臓がん、前立腺がんなど)まで治療できます。

治療はどのように行うのですか。

古後  ノバリスのがん治療は、ガンマナイフのように頭部をピン固定する必要はありません。事前にプラスチック製のシェル(マスク)をそれぞれの患者さんの頭や体の部位に合わせて作成し着用してもらうので、体に負担が少なく(低侵襲性)、複数回の分割照射が可能です。通常、がん病変の部位・大きさ・形状に応じて数回~数十回の分割照射を行います(治療期間は数日~数週間)。

治療できるがん病変の大きさについては、従来は不可能だった直径100mmまでのがんが可能で、外科手術の局所切除に近い効果が得られ、これは大きなメリットです。1つの病変に対する治療時間は、監視・補正システムとIMRTによって高精度な照射ができるので、1回20~30分で済みます。つまりノバリスは、外科手術に近い本格治療が短時間・分割照射でできるため、入院せずに通院しながら外来でがん治療が行えます。

乳がん脳移転の症例

ノバリス療法の恩恵を最も受けるのは、どういうがん患者さんですか。

古後  がんの根治や準根治が得られる場合や進行がんの場合でも局所の制御により生活の質を維持できる場合に、ノバリスは最も有効な精密放射線治療です。以上を踏まえれば、これからのがん治療においてノバリス療法は新たな、そして有力な選択肢になると思われます。

【文/中野 不可思】

高精度の治療を行う熊本放射線外科の外観

医療法人社団人優会 熊本放射線外科

〒862-0941
熊本県熊本市出水7-90-2
TEL.096-370-0712 FAX.096-214-3712
http://www.radiosurgery.or.jp

【診療日時】 平日(月~金曜日) 10:00~18:00
【休診日】 土・日・祝日
【概要】 ・原則として予約診療制 ・入院施設はありません

バックナンバーはこちら(医療新聞社サイトへ)

このコーナーの運営は、医療情報サイト「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」(http://www.jmnn.jp)を運営する株式会社医療新聞社が行っています。

朝日新聞社は、このコーナーの運営、情報提供の内容、並びにこのコーナーの利用を通じて行われたお客様と各病医院の情報提供については、一切責任を負いません。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の各コーナーでは、株式会社医療新聞社が情報提供した医療機関情報を掲載しています。

株式会社医療新聞社は、サイト運営者として信頼性の高い情報を提供するよう努めていますが、各医療情報の内容について、保証するものではありません。本サイトご利用に際しては、利用者の皆様ご自身が、本サイト及び本サイトにおいて提供される情報やサービスのそれぞれの有用性等を判断し、ご自身の責任でご利用下さい。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の運営についての各種お問い合わせは、下記までお願いします。

株式会社医療新聞社
TEL 03-5337-2551