治療と検査の最新医療情報トップページ 糖尿病治療のススメ 睡眠時無呼吸症候群(SAS)(『いい病院2008』掲載) バックナンバーはこちらから

特集記事: 2008年1月31日 [ 「いい病院2008」 1月31日 掲載 ]

ペインクリニックによる「疼痛治療最前線」我慢せずに痛みの専門施設に相談を
 
花岡 一雄先生写真

【特別寄稿】

日本ペインクリニック学会 代表理事
JR東京総合病院 院長

花岡 一雄

***

多くの患者さんは、痛みを訴えられて病院や診療所を受診されます。これは痛みを感じている部位に異常が生じており、痛みは身体に生じた異常事態を知らせる警告反応として大切な役割を果たしています。しかし、痛みの原因が明らかとなったあと、痛みは私たちにとって有益な存在から不必要な、さらには有害な存在へと変わっていきます。警告の役割を終えた痛みが長く存在すると、より強い痛みや新しい痛みが現れてくる、いわゆる「痛みの悪循環」が生じます。

痛みは、本来の痛みの機能に由来する痛み(侵害受容性疼痛)、病的な痛み(神経障害性疼痛)、心情と密接に関係する痛み(心因性疼痛)など多種多様です。ペインクリニックでは、すべての痛みが診療対象となり、専門的な知識と技術をもとに、患者さん一人ひとりの症状に合った治療を行います。病気の種類は、片頭痛をはじめとする頭痛全般、三叉神経痛、筋骨格系疼痛、帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛、がん性疼痛、閉塞性動脈硬化症やバージャー病、術後痛、幻肢痛などがあります。

具体的な治療方法としては、神経ブロックをはじめボツリヌス注射、高周波熱凝固療法、硬膜外内視鏡、脊髄刺激電極埋込み術のような特殊な技術を用いる治療法や薬物療法、光線療法、東洋医学療法などがあります。

近年、わが国におきましても、高齢化社会を反映して、帯状疱疹後神経痛や脊椎術後疼痛症候群などのいわゆる難治性慢性疼痛をお持ちの患者さんの数が著しく増加してきております。

痛みが長期化すると私たちのQOL(生活の質)を低下させることにもなります。このような状態に陥った時はもちろんのこと、陥りそうな時には、身体的・精神的な苦痛を適切に緩和することがとても重要になります。日本ペインクリニック学会認定ペインクリニック専門医はそのような痛みに苦しんでおられる患者さんが、できるだけ早く「痛みから解放」されるように、お手伝いさせていただく痛み治療の専門医です。痛みが強い場合や長く続く場合は、我慢しないで、痛み治療を専門とするペインクリニック医に相談することが大切です。

花岡 一雄

日本ペインクリニック学会 代表理事
JR東京総合病院 院長

1971年東京大学医学部卒業。
1991年東京大学医学部麻酔学教授。
2005年JR東京総合病院院長。
2006年東京大学名誉教授。
2001-2004年(社)日本麻酔科学会理事長。
2006年~有限責任中間法人 日本ペインクリニック学会代表理事。

バックナンバーはこちら(医療新聞社サイトへ)

このコーナーの運営は、医療情報サイト「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」(http://www.jmnn.jp)を運営する株式会社医療新聞社が行っています。

朝日新聞社は、このコーナーの運営、情報提供の内容、並びにこのコーナーの利用を通じて行われたお客様と各病医院の情報提供については、一切責任を負いません。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の各コーナーでは、株式会社医療新聞社が情報提供した医療機関情報を掲載しています。

株式会社医療新聞社は、サイト運営者として信頼性の高い情報を提供するよう努めていますが、各医療情報の内容について、保証するものではありません。本サイトご利用に際しては、利用者の皆様ご自身が、本サイト及び本サイトにおいて提供される情報やサービスのそれぞれの有用性等を判断し、ご自身の責任でご利用下さい。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の運営についての各種お問い合わせは、下記までお願いします。

株式会社医療新聞社
TEL 03-5337-2551