治療と検査の最新医療情報トップページ メッシュ法による鼠径(そけい)ヘルニア治療 疼痛(とうつう)治療最前線 バックナンバーはこちらから

特集記事: 2008年1月31日 [ 「いい病院2008」 1月31日 掲載 ]

予備軍含め1620万人「糖尿病治療のススメ」4月からメタボ健診がスタート
 
【監修】 医学ジャーナリスト 牧野 賢治
 
***

糖尿病は初期には自覚症状がないまま進行することが多く、そのまま放置すると、網膜症、腎症、神経障害などを引き起こすため、早めの検査と適切な治療が大変重要である。

糖尿病治療の進歩

わが国の糖尿病患者数は生活習慣と社会環境の変化に伴って急速に増加している。

日進月歩で進歩している糖尿病の治療で、最近、大きな注目を浴びているのが血糖値を下げる経口薬からインスリンへ切り換える時期が早められていることだ。

糖尿病の患者はヘモグロビンAlc6.5%未満、食後血糖値180mg/dL未満、空腹時血糖値130mg/dL未満にコントロールしなければならない。そのため従来は2~3種類の経口薬を服用してみてもヘモグロビンAlcが8%以上なら、できるだけ早い時期にインスリンへ切り換えることが求められてきた。しかし、最近はヘモグロビンAlcの検査値が8%にならなくても、7.0~7.5%に上昇したらインスリンに切り換えることを勧める医師が増えてきた。

インスリンによる血糖コントロール

インスリンへ切り換える時期が早められるようになったのは、経口薬による不十分な血糖コントロールが続くと、高血糖のためにインスリン分泌の低下とインスリン抵抗性の増悪が進み、さらにそれがまた高血糖を進行させるという悪循環、いわゆる「ブドウ糖毒性」を亢進させてしまうからだ。インスリンによる強力な血糖コントロールでブドウ糖毒性を解消できれば、再び経口薬に戻せる。一時的であっても早期からインスリンを使うというのが最近の傾向なのである。

最近のインスリン注射は使い捨ての注射器を使用し、針も細くなり、ほとんど痛みを感じない。加えて、食事の直前に注射すればよい「超速効型インスリン」や、1日1回注射するだけで24時間効き目が持続する「持効型インスリン」など新たなタイプも登場している。すでに欧米で使われている吸入型インスリンの承認も近いと期待され、インスリンによる血糖コントロールが改めて注目されている。

インスリン図

【文/松沢 実】

バックナンバーはこちら(医療新聞社サイトへ)

このコーナーの運営は、医療情報サイト「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」(http://www.jmnn.jp)を運営する株式会社医療新聞社が行っています。

朝日新聞社は、このコーナーの運営、情報提供の内容、並びにこのコーナーの利用を通じて行われたお客様と各病医院の情報提供については、一切責任を負いません。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の各コーナーでは、株式会社医療新聞社が情報提供した医療機関情報を掲載しています。

株式会社医療新聞社は、サイト運営者として信頼性の高い情報を提供するよう努めていますが、各医療情報の内容について、保証するものではありません。本サイトご利用に際しては、利用者の皆様ご自身が、本サイト及び本サイトにおいて提供される情報やサービスのそれぞれの有用性等を判断し、ご自身の責任でご利用下さい。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の運営についての各種お問い合わせは、下記までお願いします。

株式会社医療新聞社
TEL 03-5337-2551