治療と検査の最新医療情報トップページ 人工膝関節 加齢黄斑変性(おうはんへんせい)の最新治療 バックナンバーはこちらから

特集記事: 2008年1月31日 [ 「いい病院2008」 1月31日 掲載 ]

高齢者にもやさしい「最新の白内障治療」低侵襲治療で快適な日々を取り戻す

赤木 好男先生写真

【特別寄稿】

日本白内障学会 理事長
福井大学医学部眼科学 教授

赤木 好男

***

目の中にある水晶体が濁り、視力が低下する白内障。その原因の多くが加齢によるものであり、日常生活に大きな支障をきたす。そうした中、眼内レンズを挿入して行う白内障手術は、高齢者にも無理なく受けられることなどから、期待を集めている。

手術が中心となる白内障治療

白内障とは目の中にある水晶体が混濁する病気ですが、なぜ水晶体が混濁するのかよく分かっていません。老化、糖尿病、喫煙、紫外線照射、長期間にわたるステロイド剤飲用、アトピー性皮膚炎により眼部を繰り返し叩くことなどによって白内障が起こります。従って、糖尿病治療、禁煙、サングラス着用などは白内障の進行を抑えるのにある程度効果があるでしょう。各種の原因の中で、最も頻度が高いのは老化によるものです。よく話題となる総合ビタミン剤、βカロチン、ミネラル、各種栄養サプリメントが老化に伴う白内障に有効かどうかに関して、米国において膨大な研究が行われてきましたが、結論として有効性は認められていません。内服などの治療効果があまり期待できないことから白内障治療の中心は手術治療となります。

(図)眼球の構造水晶体の断面図

手術における注意点

矯正視力がどの程度低下すれば手術を受けるべきかに関していいますと不便になったら手術を受ければ良いでしょう。矯正視力が0.6になると車の免許が取れなくなるので困る方もおられますし、そうでない方もいます。手術時期が遅れたからと言って手遅れにはなりませんが、視力がとことん悪くなるまで待つ必要もないでしょう。また、最低限、眼底に病気がなく視力低下の原因が白内障だけであることは最初に確認しなければなりません。

白内障の手術では混濁した水晶体を摘出した後、通常、眼内レンズを挿入します。一般的な眼内レンズは単一焦点レンズです。術前に眼軸長(眼球の前後径)と角膜の屈折率を正確に測定し、眼内レンズの度数を決定します。適当な眼内レンズの度数を選択する事によって術前強かった近視を弱くすることもできますし、また近くがよく見える様にする事もできます。しかしながら単一焦点レンズを用いる限り、多くの場合、遠用もしくは近用眼鏡が必要です。一方では、術前に測定した計算値通りにいかず、術後の屈折率が予定よりずれる場合もあります。最近では、遠近両用眼内レンズも登場してきました。すごく便利なように思えますが、夜の街灯の回りに光の輪が見えたりするといった不都合も少なくないので、挿入を考える場合、術前に十分に短所を知っておく必要があります。眼内レンズは挿入するよりも、取り出す方がはるかに難しいので、術後具合が悪いからといって簡単に入れ替えはできません。

進化する白内障手術

日帰りも可能な手術は、一般的に上方の角膜もしくは角強膜移行部を3mm程切開して行います。最近では更に小さな創口からの手術が可能となりました。この小さな創口から眼内レンズは折り畳んで挿入します。手術後、最も重篤な合併症は術後眼内炎です。数千例に一例の割合で起こると言われています。手術日までの数日間、抗生物質を点眼したり眼内レンズを予め細いチューブにセットしておき、眼の外部に触れることなくレンズを直接眼内に挿入したりするなどの工夫が、感染の危険を減らす効果があると思われます。いったん眼内炎を起こしますと新たな手術が必要です。適切に手術を行っても視力が十分回復する事は困難な場合が多いのが現状です。

赤木 好男

日本白内障学会 理事長
福井大学医学部眼科学 教授

1972年京都府立医科大学卒業。
81年米国国立眼研究所(NEI)へ留学。
93年福井医科大学眼科学講座教授。
2006年日本白内障学会理事長。
The national foundation for eye research(米国眼研究基金)理事。

バックナンバーはこちら(医療新聞社サイトへ)

このコーナーの運営は、医療情報サイト「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」(http://www.jmnn.jp)を運営する株式会社医療新聞社が行っています。

朝日新聞社は、このコーナーの運営、情報提供の内容、並びにこのコーナーの利用を通じて行われたお客様と各病医院の情報提供については、一切責任を負いません。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の各コーナーでは、株式会社医療新聞社が情報提供した医療機関情報を掲載しています。

株式会社医療新聞社は、サイト運営者として信頼性の高い情報を提供するよう努めていますが、各医療情報の内容について、保証するものではありません。本サイトご利用に際しては、利用者の皆様ご自身が、本サイト及び本サイトにおいて提供される情報やサービスのそれぞれの有用性等を判断し、ご自身の責任でご利用下さい。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の運営についての各種お問い合わせは、下記までお願いします。

株式会社医療新聞社
TEL 03-5337-2551