治療と検査の最新医療情報トップページ 日帰り手術疾患別完全ガイド セラミック治療/ホワイトニングのすすめ バックナンバーはこちらから

特集記事: 2008年2月19日 [ 週刊朝日 2008年2月29日号 掲載 ]

スポーツドクター  
福林  徹先生写真

【特別寄稿】

日本体育協会スポーツ医・
科学専門委員会 委員長
早稲田大学スポーツ科学部 教授

福林  徹

***

「メタボ健診元年」となる今年。健康維持のための適切な運動を行うために、スポーツドクターは欠かせない存在となっている。

スポーツドクターは、日本体育協会の公認スポーツドクターの理念によれば、「スポーツ活動を実践している人達の健康管理やスポーツ障害に対する予防、治療等の臨床活動を行うと共に、スポーツ医学の研究、教育、普及にあたる者」とされている。

しかし、近年では高齢化社会を迎え、中高年の健康増進と健康寿命の延伸が叫ばれてきている。その意味で適度なスポーツ身体運動は、メタボリックシンドロームや生活習慣病を予防し、体力の衰えを防止し、健康で豊かな老後を築く上でも重要な手段となってきている。スポーツドクターは、スポーツ選手に対して外傷・障害の診断、治療と予防の指導を行えるだけでなく、スポーツ身体運動が必要なあらゆる階層に対して、健康維持のための適切な運動処方を出す能力が問われるようになってきている。

さらなる活躍が期待される今後

日本のスポーツドクターには大きく分けて、前述の日本体育協会の公認スポーツドクターと、日本整形外科認定スポーツ医、日本医師会認定スポーツ医の3種類の組織があり、各々が資格認定のための講習会を開いている。

基礎講習は3者とも同じ21単位であり、日本整形外科認定スポーツ医には、その後、各論10単位が、日本体育協会の公認スポーツドクターには20単位の応用編の受講が義務づけられている。

最近では国会内でもスポーツ省設立の機運が高まりつつある。そこで、今後、医学の中でスポーツの担い手としてのスポーツドクターの重要性はますます高まるものと思われる。なお、現在はスポーツドクター専門の育成機関はないが、将来、スポーツドクターの専門医制度が確立されれば、スポーツドクターの研修病院なども整備されてくることと思われる。

福林  徹 (ふくばやし とおる)

日本体育協会スポーツ医・
科学専門委員会 委員長
早稲田大学スポーツ科学部 教授

昭和47年  東大医学部卒、整形外科
平成 8年  東京大学総合文化研究科 教授
平成16年  早稲田大学スポーツ科学学術院 教授
膝関節および傷害予防を中心としたスポーツ医学の研究と教育 にあたる。

学会・スポーツ関係
日本臨床スポーツ医学会理事・次期会長
日体協国体委員会医事部会長
サッカーフランスワールドカップ代表チームドクター

バックナンバーはこちら(医療新聞社サイトへ)

このコーナーの運営は、医療情報サイト「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」(http://www.jmnn.jp)を運営する株式会社医療新聞社が行っています。

朝日新聞社は、このコーナーの運営、情報提供の内容、並びにこのコーナーの利用を通じて行われたお客様と各病医院の情報提供については、一切責任を負いません。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の各コーナーでは、株式会社医療新聞社が情報提供した医療機関情報を掲載しています。

株式会社医療新聞社は、サイト運営者として信頼性の高い情報を提供するよう努めていますが、各医療情報の内容について、保証するものではありません。本サイトご利用に際しては、利用者の皆様ご自身が、本サイト及び本サイトにおいて提供される情報やサービスのそれぞれの有用性等を判断し、ご自身の責任でご利用下さい。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の運営についての各種お問い合わせは、下記までお願いします。

株式会社医療新聞社
TEL 03-5337-2551