治療と検査の最新医療情報トップページ 坐骨神経痛の最新治療PLDD 床矯正治療のすすめ バックナンバーはこちらから

特集記事: 2008年2月26日 [ 週刊朝日 2008年3月7日号 掲載 ]

高度な技術を要する低侵襲治療 網膜硝子体手術特集 ~日帰り手術も可能に~

赤木 好男先生写真

【特別寄稿】

日本白内障学会 理事長
福井大学医学部眼科学 教授

赤木 好男(あかぎ よしお)

***

硝子(しょうし)体手術

眼球は、虹彩(茶目・ちゃめ)・水晶体を境目に、それより前方に位置し、水分が循環している前房と、後方に位置し、眼球容積の8割を占めている硝子体腔(くう)から成っています。後半部の硝子体腔には99%水分から成る無色透明な半流動体ゲルが存在し硝子体と呼ばれています。

硝子体手術では、角膜輪部(黒目と白目の境目)から後方に約3mm離れた強膜に通常3カ所、ポートと呼ばれる切開創を作成し、そこから直径0.8mm程度の細い精密な器具を出し入れして手術を行います。歴史の浅い手術ですが、精密器具の発達によって過去には救えなかったさまざまな眼疾患の治療ができるようになり、大きな成果を挙げています。最も高度な技術を必要とする手術の1つです。

対象となる眼底疾患

硝子体手術の対象となる眼底疾患は多くあります。まず硝子体出血があげられます。硝子体出血を起こす具体的眼疾患としては糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症などがあります。これらの疾患では、本来健常な眼では起こり得ない新生血管が硝子体中に出現し、その破綻によって硝子体腔が血液で満たされるため視力が急に低下します。

次に網膜剥離があります。軽症の網膜剥離ではこの手術を行う必要性はありませんが、網膜剥離が発症してからの期間が長い場合、網膜が全剥離している場合、原因である網膜の破れ(裂孔)が大きい場合や、裂孔がたくさん存在し網膜の深部に存在する場合など重症網膜剥離に対しこの手術を行います。前述の糖尿病網膜症重症例では、繰り返す硝子体出血によって生じた増殖組織のため、網膜が牽引され網膜剥離が発症する場合があり、この時もこの手術を行います。このような網膜剥離手術の場合、剥離を治癒させるため眼内に特殊ガスを含む空気を入れねばなりません。そのため術後数日間は腹臥位(下向き腹ばい姿勢)で過ごす必要があります。その他、原因不明ですが加齢のため視力にとって最も大切な網膜黄斑部に小さな穴が発生する場合(黄斑円孔)や、黄斑部にシワができる場合(黄斑前膜)があります。視力低下があればこの手術が必要です。

進展する治療と今後

最近、光干渉断層計(OCT)と呼ばれる精密な網膜断層撮影ができる検査機器が登場してきました。撮影は安全で何度でも可能です。撮影画像によって病変がこれまでよりはるかに理解し易くなっており、治癒の過程もより正確に観察できるようになってきました。また、前述のように3カ所のポートを作成しますが、更に細い直径0.5mm程度の器具が開発されています。切開創が小さければ縫合が不要であり、一部の症例では外来手術も可能となっています。

このように硝子体手術は医療器具の発達と密接に関連して発展してきております。元来、硝子体手術を必要とする眼疾患は重症な場合が多く、外来にて手術ができるようになったとしても、術後の合併症に重篤なものが多いことは忘れてはなりません。術後眼内炎も注意すべき合併症であるし、網膜剥離の再発、再硝子体出血、緑内障などが発症することがあります。

(図)眼球の構造

赤木 好男

日本白内障学会 理事長
福井大学医学部眼科学 教授

1972年京都府立医科大学卒業
81年米国国立眼研究所(NEI)へ留学
93年福井医科大学眼科学講座教授
2006年日本白内障学会理事長
The national foundation for eye research(米国眼研究基金)理事

バックナンバーはこちら(医療新聞社サイトへ)

このコーナーの運営は、医療情報サイト「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」(http://www.jmnn.jp)を運営する株式会社医療新聞社が行っています。

朝日新聞社は、このコーナーの運営、情報提供の内容、並びにこのコーナーの利用を通じて行われたお客様と各病医院の情報提供については、一切責任を負いません。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の各コーナーでは、株式会社医療新聞社が情報提供した医療機関情報を掲載しています。

株式会社医療新聞社は、サイト運営者として信頼性の高い情報を提供するよう努めていますが、各医療情報の内容について、保証するものではありません。本サイトご利用に際しては、利用者の皆様ご自身が、本サイト及び本サイトにおいて提供される情報やサービスのそれぞれの有用性等を判断し、ご自身の責任でご利用下さい。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の運営についての各種お問い合わせは、下記までお願いします。

株式会社医療新聞社
TEL 03-5337-2551