治療と検査の最新医療情報トップページ 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防と治療 PPHで治す痔の最新治療 バックナンバーはこちらから

特集記事: 2008年4月22日 [ 週刊朝日 2008年5月2日号 掲載 ]

医療の進歩が体にやさしい治療を実現  日帰りで直す痔の最新治療

【監修】 医学ジャーナリスト 牧野 賢治

***

痔は日本人の3人に1人が発症しているといわれるほど患者数の多い病気だ。男性に多いと思われがちだが、便秘になりやすく、妊娠・出産で肛門周辺が圧迫されやすい女性にも多い。 

痔の種類とそれぞれの症状

痔は、裂肛(切れ痔)、痔ろう(あな痔)、痔核(いぼ痔)という3つの疾患に大別できる。裂肛は硬い糞便の通過などを原因として肛門に亀裂が入った状態のこと。症状は疼痛や出血で、慢性化して潰瘍を形成すると手術を要する可能性も出てくる。痔ろうは直腸と肛門の接合部が糞便中の細菌で化膿し、直腸と肛門の周囲の皮膚をつなぐトンネルを作る状態で、皮膚側の開口部から膿を生じ、時には高い発熱も伴う。痔ろうは基本的に手術でしか治らない。

3つの疾患の中で特に多く見られるのが痔核で、肛門を閉じるための静脈の集まりがうっ血して、いぼ状になる状態である。肛門周囲のものを外痔核、直腸内のものを内痔核と呼び、発症するのは内痔核の方が多い。主な症状は出血だが、内痔核は症状が進行すると、肛門の外に脱出する脱肛の状態になる。外痔核全般と内痔核の多くは食生活などの生活習慣改善と薬による保存療法で治療できる。しかし、常に脱出したままの内痔核になると外科的療法が必要だ。

痔の種類

ためらわずにまずは受診を

痔核の外科的療法は、痔核に流入する血管を縛った後に痔核を切除する結紮(けっさつ)切除術が一般的だが、他にも痔核の根元を縛って壊死させるゴム輪結紮療法など、様々な治療が行われている。中には、硫酸アルミニウムカリウム・タンニン酸注射液を注射して、痔核を硬化・退縮させる内痔核硬化療法や、奥の直腸粘膜を切除して、痔核への血流を遮断するPPHのように日帰りを可能にするものもある。

痔を恥ずかしい病気と捉え、検査や治療が遅れてしまう人は多い。しかし、実際には生活習慣や加齢などを原因に、誰でも発症の可能性がある病気だ。病状初期で治療するためにも、排便に異常を感じた時などはためらわずに医師の診断を受けた方がいいだろう。

[文/鈴木 健太]

バックナンバーはこちら(医療新聞社サイトへ)

このコーナーの運営は、医療情報サイト「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」(http://www.jmnn.jp)を運営する株式会社医療新聞社が行っています。

朝日新聞社は、このコーナーの運営、情報提供の内容、並びにこのコーナーの利用を通じて行われたお客様と各病医院の情報提供については、一切責任を負いません。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の各コーナーでは、株式会社医療新聞社が情報提供した医療機関情報を掲載しています。

株式会社医療新聞社は、サイト運営者として信頼性の高い情報を提供するよう努めていますが、各医療情報の内容について、保証するものではありません。本サイトご利用に際しては、利用者の皆様ご自身が、本サイト及び本サイトにおいて提供される情報やサービスのそれぞれの有用性等を判断し、ご自身の責任でご利用下さい。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の運営についての各種お問い合わせは、下記までお願いします。

株式会社医療新聞社
TEL 03-5337-2551