治療と検査の最新医療情報トップページ 前立腺肥大症の日帰り手術 オフポンプバイパス術で九州全体の地域医療に貢献する バックナンバーはこちらから

特集記事: 2008年7月29日 [ 週刊朝日 2008年8月8日号 掲載 ]

高い技術に支えられた「オフポンプ手術」

渡邊 剛(わたなべ ごう)

【特別寄稿】

金沢大学附属病院手術部 部長

渡邊  剛(わたなべ ごう)

***

増える虚血性心疾患症例

食文化の欧米化、メタボリックシンドロームの増加に伴い、狭心症、心筋梗塞(しんきんこうそく)などの虚血性心疾患症例は年々増えている。そこで注目されるようになってきたのが、心拍動下冠動脈バイパス術(オフポンプ手術)である。従来のバイパス手術と異なり、人工心肺を使用することなく、心臓を拍動させたまま冠動脈へのバイパス手術を行うものである。

オフポンプ手術の特長

著者らは1993年から取り組み、2000例以上の症例を行ってきている。本術式の最大の長所は、人工心肺を使用しないため、脳血管障害、腎障害などのハイリスク症例に対して、安全に手術が行えること、術後の合併症が少なく早期回復が可能なことである。一方、熟練した手術技術が必要となる。我々の成績では、死亡率0・4%以下と非常に安全で確実な術式となってきている。

1999年からは、さらなる低侵襲を目指し、完全内視鏡下バイパス術、ロボット手術支援装置によるバイパス術にも取り組んでいる。

術後CT

渡邊  剛(わたなべ ごう)

金沢大学附属病院手術部部長

1984年、金沢大学医学部医学科卒業。
同年、同大学医学部附属病院第一外科。
89年に同大学大学院を修了し、ドイツ・ハノーファー医科大学心臓血管外科留学などを経て、
2000年、金沢大学医学部外科学第一講座教授。
2005年、東京医科大学心臓外科教授(兼任)。

バックナンバーはこちら(医療新聞社サイトへ)

このコーナーの運営は、医療情報サイト「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」(http://www.jmnn.jp)を運営する株式会社医療新聞社が行っています。

朝日新聞社は、このコーナーの運営、情報提供の内容、並びにこのコーナーの利用を通じて行われたお客様と各病医院の情報提供については、一切責任を負いません。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の各コーナーでは、株式会社医療新聞社が情報提供した医療機関情報を掲載しています。

株式会社医療新聞社は、サイト運営者として信頼性の高い情報を提供するよう努めていますが、各医療情報の内容について、保証するものではありません。本サイトご利用に際しては、利用者の皆様ご自身が、本サイト及び本サイトにおいて提供される情報やサービスのそれぞれの有用性等を判断し、ご自身の責任でご利用下さい。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の運営についての各種お問い合わせは、下記までお願いします。

株式会社医療新聞社
TEL 03-5337-2551