治療と検査の最新医療情報トップページ ハイパーサーミア 患者さん一人ひとりの<br />希望に沿った治療を バックナンバーはこちらから

特集記事: 2008年9月 5日 [ 『がんで困ったときに開く本』 2008年9月5日 掲載 ]

15年にわたる実績をもとにした集学的熱治療の先端医療施設
竹内  晃先生写真

【取材協力】

ルーク クリニック 院長

竹内  晃

****

熱に弱いがんに温熱療法でダメージを

がんは体の表面から深部にいたるまで、あらゆる組織にできる病気ですが、熱に弱いのが弱点です。

熱を使ったがん治療は、外科手術や抗がん剤、放射線に比べ、体に負担が少ない療法として注目されています。

わたしたちは、がんの患者さんたちに、温熱療法の中の一つである「全身ハイパーサーミア」を施行しています。なぜこの方法を選択したかというと、がんが全身に転移していたり、複数のがんがある転移性がんの患者さんに、一度に治療できる全身療法がより有効と考えたからです。遠赤外線で体表の血液を温め、血液の循環によって体の深部(41~41.8度)まで温める方法です。

当院はこの療法で現在までに1200症例以上の実績をあげており、進行がんで、さまざまな病院を転々としてきた患者さんも多く来院されています。

(表)ルーク クリニック 集学的熱治療システム ・全身ハイパーサーミア ・HIFU ・RFA

抗がん剤との併用でさらに良い治療もできる

熱をがん組織と正常組織に同時に加えると、正常組織は血流が増え放熱できます。しかしがん組織は血流を増やせないため、熱がこもりやすく、正常な組織に比べ高い温度になりやすいのです。

また「全身ハイパーサーミア」は、抗がん剤や放射線の効果を上げる働きがあります。体温が37度から5度上昇すると、抗がん剤の治療効果が5倍程度に高まります。つまり、がん患者さんは抗がん剤の使用量を、ほとんど副作用がでない5分の1に減らすことができます。このようにがんの標準治療と併用して、より良い治療も期待できます。

全身ハイパーサーミア 患者さんは仰向けの体勢で治療を受けます。

HIFUとRFAも加わり、さらに効率的な治療が可能に

当院は全身治療に加え、局所の強力な治療法である「集束超音波焼灼療法」(HIFU)を導入しました。この装置は、光をレンズで集めるように、強力な超音波を体の外側から目的部位だけの2.6mmの焦点に合わせて集束照射でき、超音波による70~80度の熱焼灼エネルギーでがん組織を焼きます。体を切開することは一切ありません。

HIFU治療イメージ

また、ルカ病院では「ラジオ波焼灼療法」(RFA)を導入しました。腫瘍の中に直径1.5mmの電極針を挿入して、ラジオ波で加熱し、がんを固めて壊死させるというシステムです。

このように、当院では熱エネルギーの専門施設で、これらを組み合わせて治療していくことが可能です。がんが転移再発してしまって、抗がん剤も効果がないなど、標準治療で良い結果がでなかった患者さんのセカンドオピニオン、サードオピニオンをご希望の方も日々来院されています。

そしてこれからも、臨床研究や学会活動にも力を入れ、熱治療の素晴らしさを広め、がん患者さんに少しでも負担のない効果的な治療を施行していきたいと思います。

竹内  晃

医療法人社団 ルーク会
ルカ病院附属 ルーク クリニック 院長

埼玉医科大学大学院(内分泌)修了、医学博士。
1997年7月ルーク クリニック開設。
日本癌治療学会会員。
日本ハイパーサーミア学会指導医、評議員、将来計画委員。

バックナンバーはこちら(医療新聞社サイトへ)

このコーナーの運営は、医療情報サイト「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」(http://www.jmnn.jp)を運営する株式会社医療新聞社が行っています。

朝日新聞社は、このコーナーの運営、情報提供の内容、並びにこのコーナーの利用を通じて行われたお客様と各病医院の情報提供については、一切責任を負いません。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の各コーナーでは、株式会社医療新聞社が情報提供した医療機関情報を掲載しています。

株式会社医療新聞社は、サイト運営者として信頼性の高い情報を提供するよう努めていますが、各医療情報の内容について、保証するものではありません。本サイトご利用に際しては、利用者の皆様ご自身が、本サイト及び本サイトにおいて提供される情報やサービスのそれぞれの有用性等を判断し、ご自身の責任でご利用下さい。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の運営についての各種お問い合わせは、下記までお願いします。

株式会社医療新聞社
TEL 03-5337-2551