治療と検査の最新医療情報トップページ 増えているパーキンソン病は<br />投薬+リハビリで改善します 「身長をコントロールする手術」<br />自己再生力を利用して骨を伸ばす<br />イリザロフ法(骨延長・変形矯正) バックナンバーはこちらから

特集記事: 2008年10月25日 [ 『新名医の最新治療2009』 2008年10月25日 掲載 ]

新たな心臓専用256列CT検査とカテーテル治療
三角 和雄先生

【取材協力】

千葉西総合病院 病院長

三角 和雄 (みすみ かずお)

****
非常に速く、画像がより鮮明に、より短時間で処理できる、心臓CTとしては極めて優れた256列マルチスライスCT。事前に薬の投与が必要なく、不整脈の影響を全く受けずに3秒以内で検査ができ、現像までの時間も10分という画期的で被曝量も少ない心臓専用CTが登場した。

世界で8台のうちアジア割当て1台

千葉西総合病院では、日本で初めて256列マルチスライスCTを導入することになりました。世界中で8台しか導入されていない心臓専用CTともいえる256列マルチスライスCTは、世界で有数のCT導入率を誇る日本での心臓マルチスライスCT検査のあり方に、今後、多大な影響を及ぼすものと思われます。

「256列マルチスライスCT」従来のCTよりも患者さんの負担は大幅に軽減される

注目されている256列CT検査

従来、虚血性心疾患の診断方法では、局所麻酔後に手首や大腿部のつけ根の動脈からカテーテルという細い管を入れて心臓まで進めていき、造影剤を冠動脈に注入するカテーテル検査が、主流でした。しかし、血圧の高い動脈に針を刺すことによって検査後の止血処置が困難な場合や、カテーテルを動脈から入れることが原因となる脳梗塞などの合併症を起こす場合があり、極力、このようなリスクを回避できることが望ましいと考えられてきました。

近年、注目されているマルチスライスCTでは、動脈に全く触れることなく、採血や点滴で使う皮膚の静脈から造影剤を注入する従来のCT検査と同様の方法で、心臓カテーテル検査に匹敵する画像を得ることができ、心臓カテーテル検査特有の合併症もないのです。

さらに今回、導入される256列CTの検査が、64列CTの検査と比較して性能すべてが向上している中で、費用面での変更はないことは、患者さんにやさしい医療への前進といえます。

狭心症の検査方法比較
▲クリックで拡大表示

事前投薬なし、10分で鮮明画像が得られる

この256列CTは、検査時間が3秒以内で、64列CTでの10秒以内と比較して、検査時間の大幅な短縮が特長の一つといえます。この時間短縮は、被曝量が少なくなることに結びつくとともに、息を止めて静止している時間の短縮として考えると、患者さんの立場からみた場合、画期的な進歩といって良いのです。しかも緊急の場合においても検査後の解析時間が現像まで10分という短時間のため、より迅速な対応が可能になっています。

さらに、検査時間が超高速であっても64列CTと比較して画像の質は向上しており、体格の大きな患者さんにおいても、その画質が劣化することはなく、最新状態の鮮明な画像を得られます。

検査にあたっては事前に薬の投与が必要なく、薬の投与が必要な不整脈の患者さんの場合にも対応しています。さらに造影剤がなくてもある程度、冠動脈の状態が把握できるため、病変の有無の判断には造影剤を用いない単純CTとしても使用できるのは、造影剤アレルギーをもつ患者にも対応できる利点をもつのです。

CT検査で鮮明に写る心血管画像

カテーテル治療方針での選択決定にも有用

CT検査では、どのような病変によって狭窄や閉塞が起こり、冠動脈がつまった状態であるかがわかります。非常に石灰化して硬くなった病変は、キラキラとした光を帯び、血の塊(血栓)が充満している病変は少し暗いのです。あらかじめ、このような情報がわかっていれば、それは治療法の選択に直接結びつきます。もし硬い石灰化であれば、カテーテルで治療する場合は、やわらかい風船(バルーン)では対応が困難となります。このような場合、ダイヤモンドのドリルで石灰化を砕くロータブレーターが有効なのです。逆にやわらかい血栓の場合は、血栓を下流に押し込んでしまうバルーンよりも、病変部へレーザーを照射することによって、血栓を速やかに蒸散させるエキシマレーザが有効といえます。

「ロータブレーター」ダイヤモンドドリルで硬い病変を粉砕 「エキシマレーザ」血栓を瞬時に蒸散

このように治療法を選択するのにCT検査を実施できれば、以後の治療を合理的に進めることができるでしょう。

【取材/相原 美和】

三角 和雄(みすみ かずお)

千葉西総合病院 病院長

1982年、東京医科歯科大学医学部卒。
同年、東京医科歯科大学医学部第三内科入局。
1985年、イリノイ大学シカゴ校にて心臓血管病理を研究後、ニューヨーク医科大学、カリフォルニア大学、ピッツバーグ大学にて内科レジデント研修、循環器臨床フェロー研修修了。
UCLAグッド・サマリタン病院にて2年半の心血管カテーテル治療専門フェロー研修修了。
1996年よりハワイ大学臨床助教授。
1998年より千葉西総合病院心臓センター長・研修委員長。
2000年より同副院長。
2003年より東京医科歯科大学臨床教授。
2004年より千葉西総合病院病院長。

バックナンバーはこちら(医療新聞社サイトへ)

このコーナーの運営は、医療情報サイト「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」(http://www.jmnn.jp)を運営する株式会社医療新聞社が行っています。

朝日新聞社は、このコーナーの運営、情報提供の内容、並びにこのコーナーの利用を通じて行われたお客様と各病医院の情報提供については、一切責任を負いません。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の各コーナーでは、株式会社医療新聞社が情報提供した医療機関情報を掲載しています。

株式会社医療新聞社は、サイト運営者として信頼性の高い情報を提供するよう努めていますが、各医療情報の内容について、保証するものではありません。本サイトご利用に際しては、利用者の皆様ご自身が、本サイト及び本サイトにおいて提供される情報やサービスのそれぞれの有用性等を判断し、ご自身の責任でご利用下さい。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の運営についての各種お問い合わせは、下記までお願いします。

株式会社医療新聞社
TEL 03-5337-2551