治療と検査の最新医療情報トップページ アルコール依存症の早期治療 進化する痔の治療 バックナンバーはこちらから

特集記事: 2008年10月25日 [ 『新名医の最新治療2009』 2008年10月25日 掲載 ]

男性のための更年期障害治療
***

男性にもある更年期障害

これまで更年期障害は、女性に特有のものと考えられてきた。しかし最近、男性にも同様の症状が現れることがわかってきた。「LOH(加齢男性性腺機能低下)症候群」ともいわれ、男性ホルモンであるテストステロンの分泌不足により、疲労感、頭痛、筋肉痛、異常な発汗などの身体的症状や、不安、イライラ、不眠、抑うつ感などの精神的症状がでる。性欲の減退やED(勃起障害・ぼっきしょうがい)といった性機能のトラブルも、男性更年期に特徴的な症状だ。こうした症状がさらに進むと、やる気がうせ、毎日が楽しくなくなって、うつ症状になる人もいる。

更年期障害の症状が現れる人の多くは、45歳から65歳の働き盛りが中心で、その中でも特にストレスをため込みやすい人に発症する可能性が高いといわれている。残業が多かったり、IT関連などの緻密で緊張感が連続する仕事をしていたり、遠距離通勤をしていたりする場合での発症が少なくない。

男性更年期障害は、疲れの症状が出てくるパターンが多い。仕事がハードな場合、疲れがたまっていくが、基本的に身体的疲労はゆっくり休むことによって、ある程度は解消される。

血中テストステロン値が低い場合は、男性ホルモン補充療法を行う。性機能の低下は一般的にED治療薬が投与される。うつ状態にまで進行した場合には、抗うつ薬や抗不安薬が処方される。

専門診療科での早期治療が重要

更年期には気分が落ち込み暗くなりがちだ。しかし、気持ちをうまく切り替えたり、運動や睡眠などの日常生活を改めたりすることで更年期障害を乗り越えられたりする可能性が大きい。「あせらず、くよくよしない」をモットーに、ストレスを上手にコントロールするよう心がけよう。

いずれにしても自覚症状のある人は、専門の医療機関で診断してもらうことをおすすめする。泌尿器科や心療内科が主な診療科で、男性ホルモンの分泌量を血液検査で調べて精巣や前立腺の機能を診断する。問診も不可欠で、うつ状態にまで進行していないかどうか独自の問診表も併用される。

【文/秋山 晴康】

バックナンバーはこちら(医療新聞社サイトへ)

このコーナーの運営は、医療情報サイト「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」(http://www.jmnn.jp)を運営する株式会社医療新聞社が行っています。

朝日新聞社は、このコーナーの運営、情報提供の内容、並びにこのコーナーの利用を通じて行われたお客様と各病医院の情報提供については、一切責任を負いません。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の各コーナーでは、株式会社医療新聞社が情報提供した医療機関情報を掲載しています。

株式会社医療新聞社は、サイト運営者として信頼性の高い情報を提供するよう努めていますが、各医療情報の内容について、保証するものではありません。本サイトご利用に際しては、利用者の皆様ご自身が、本サイト及び本サイトにおいて提供される情報やサービスのそれぞれの有用性等を判断し、ご自身の責任でご利用下さい。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の運営についての各種お問い合わせは、下記までお願いします。

株式会社医療新聞社
TEL 03-5337-2551