治療と検査の最新医療情報トップページ 医療新時代 2009 慢性頭痛の新しい治療 バックナンバーはこちらから

特集記事: 2008年10月25日 [ 『新名医の最新治療2009』 2008年10月25日 掲載 ]

糖尿病診療
***

ますます増加している糖尿病患者と境界型

糖尿病の患者と、その予備軍(血糖値が正常と糖尿病の境にいる境界型)が、依然として増加傾向にある。糖尿病は自覚症状がないまま進行して、慢性的な高血糖状態となると、三大合併症(糖尿病性の網膜症、腎症、神経障害)を起こすことが多く、さらに重篤になると、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などを発症して、生命が脅かされることもある。

合併症の中でも早いうちから発症するのは、糖尿病性神経障害だ。神経細胞に酸素や栄養が十分に行き渡らなくなり、手足のしびれや麻痺といった末梢神経障害のほか、異常な発汗、立ちくらみやめまいなど、自律神経の不調も現れる。糖尿病性網膜症は、網膜の毛細血管が出血を繰り返し、だんだんと視力が落ちていく。合併症の中でも発症率が高い病気で、放っておくと失明の危険がある。糖尿病性腎症は、腎臓の毛細血管が障害を起こし、老廃物を濾過できなくなる。放置すると尿毒症になり、人工透析を受けなければならなくなる。また、免疫機能が低下して、肺炎などの感染症にもかかりやすくなり、男性ではED(勃起障害)となる場合もある。

前述した状態にならないためにも、糖尿病は、早期発見、早期治療が重要なカギとなる。検診などで血糖値の高さを指摘されている人は、早めに専門医を受診してほしい。

治療は食事・運動・薬物療法
インスリン注射は簡易で痛くない

糖尿病の治療や合併症の予防は、食事・運動・薬物療法が中心となる。栄養バランスのとれた低カロリーの食事と、体内の余分なカロリーを消費する運動の継続は必須だ。

薬物療法に関しては、食事や運動だけでコントロールできない場合、血糖を下げる経口薬やインスリン注射を使用する。

インスリン注射は、食事の直前に注射するタイプや、1日1回注射するだけで24時間効き目が持続するタイプなどが登場している。注射を習慣化できる時間に設定されているので、つい忘れがちな患者にとってはありがたい。また、使い捨ての注射器で、針も細くなり、痛みをほとんど感じないので、注射が苦手な人には朗報だ。

【文/飛鳥 漣】

バックナンバーはこちら(医療新聞社サイトへ)

このコーナーの運営は、医療情報サイト「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」(http://www.jmnn.jp)を運営する株式会社医療新聞社が行っています。

朝日新聞社は、このコーナーの運営、情報提供の内容、並びにこのコーナーの利用を通じて行われたお客様と各病医院の情報提供については、一切責任を負いません。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の各コーナーでは、株式会社医療新聞社が情報提供した医療機関情報を掲載しています。

株式会社医療新聞社は、サイト運営者として信頼性の高い情報を提供するよう努めていますが、各医療情報の内容について、保証するものではありません。本サイトご利用に際しては、利用者の皆様ご自身が、本サイト及び本サイトにおいて提供される情報やサービスのそれぞれの有用性等を判断し、ご自身の責任でご利用下さい。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の運営についての各種お問い合わせは、下記までお願いします。

株式会社医療新聞社
TEL 03-5337-2551