治療と検査の最新医療情報トップページ 日本先進インプラント医療学会(AIM)の取り組み 近視を手術で矯正するレーシック バックナンバーはこちらから

特集記事: 2008年12月22日 [ 週刊朝日 2009年1月2日・9日合併号 掲載 ]

患者のニーズに応える低負担な治療 2009年診療科別 時代が求める日帰り手術の実力

【監修】医学ジャーナリスト 牧野 賢治

***

肉体的・精神的に患者の負担が軽くなる

日帰り手術の一番の特長は、体に負担の少ない「低侵襲治療」といえる。手術に伴う拘束時間が短いため、仕事を休めない人、家を空けられない人、できれば入院したくない人にとっては魅力的だ。また、手術当日に帰宅できれば入院費が不要になり、医療費も節約できる。今回は、日帰り手術の例として、花粉症(耳鼻咽喉科)、鼓膜穿孔(耳鼻科)、皮膚・皮下腫瘍(外科)、大腸ポリープ(消化器外科)、内痔核(外科・肛門科)を取り上げる。

耳鼻咽喉科

■花粉症

花粉症は、スギやヒノキなどの花粉が原因で起こる季節性アレルギー性鼻炎を指す。鼻粘膜焼灼術などが一般的で、レーザーを用いて、鼻粘膜表面を焼き、凝固させ、花粉に対する反応性を弱くする。

■鼓膜穿孔

慢性化した中耳炎や外傷により、鼓膜が破れることがある。自分の耳の後ろの皮下結合組織を移植する、鼓膜形成術で穿孔(破れた穴)を閉じる。

外科

■皮膚・皮下腫瘍

上腕や背中の皮下脂肪間に発生する良性腫瘍の一つ。まれに悪性化することもあるため、腫れたり痛みが出たら摘出手術を行う。皮膚皮下腫瘍摘出術が一般的だ。

■大腸ポリープ

大腸の粘膜の表面にできる隆起した病変で、内視鏡下による切除術「ポリペクトミー」などが主な治療法になる。ポリペクトミーは、内視鏡の先端から高周波スネアというワイヤーを出し、それを病変の根元にかけ、高熱でポリープを切除しながら血管を焼灼して止血する。

■内痔核

痔核(いぼ痔)は、直腸肛門周辺の血行不良などによって、静脈の密集している部分がいぼのように膨らんだものだ。直腸の内側にできたものを内痔核という。いぼ痔に極細の針で薬を注入し、イボが出てこなくなる大きさまで小さくするジオン注射治療法や、手術であれば超音波メスやレーザーなどを使用する。

【文/飛鳥漣】

バックナンバーはこちら(医療新聞社サイトへ)

このコーナーの運営は、医療情報サイト「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」(http://www.jmnn.jp)を運営する株式会社医療新聞社が行っています。

朝日新聞社は、このコーナーの運営、情報提供の内容、並びにこのコーナーの利用を通じて行われたお客様と各病医院の情報提供については、一切責任を負いません。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の各コーナーでは、株式会社医療新聞社が情報提供した医療機関情報を掲載しています。

株式会社医療新聞社は、サイト運営者として信頼性の高い情報を提供するよう努めていますが、各医療情報の内容について、保証するものではありません。本サイトご利用に際しては、利用者の皆様ご自身が、本サイト及び本サイトにおいて提供される情報やサービスのそれぞれの有用性等を判断し、ご自身の責任でご利用下さい。

「治療と検査の最新医療情報:全国病院・医院選び」の運営についての各種お問い合わせは、下記までお願いします。

株式会社医療新聞社
TEL 03-5337-2551