現在位置:
  1. asahi.com
  2. 広告特集 初めてのJリート 今日から始める日本版不動産投資信託講座 第1回 Jリートの魅力

広告特集 企画・制作 朝日新聞広告社 初めてのJリート 今日から始める日本版不動産投資信託講座 第1回 Jリートの魅力

マンガ: 工藤ケン /ad-manga.com

Jリートってなに?

カット1

資産運用というと株式や投資信託、外貨投資などをイメージされる方が多いと思いますが、不動産を投資対象とした資産運用もあります。不動産投資というとアパート経営など、投資家が実際の不動産を所有して経営をするという形が一般的でしたが、経営や不動産の管理など、知識や手間が必要なものでした。

そこで、より不動産に投資をしやすくしようと考えられたのがJリート(J-REIT:Japanese Real Estate Investment Trust)という金融商品です。

Jリートは、投資家(個人・企業など)から集めた資金で複数の不動産を購入し、その不動産から家賃収入を得ます。その運用は不動産の専門家に任せられており、投資家は家賃収入から費用などを差し引いた利益を受け取ることができます。投資家はこの利益を受け取る権利(投資口といいます)を購入します。

これまで個人では難しかった大規模なオフィスビルなどへの投資でも比較的手の出しやすい金額から投資ができることや、その分配金の安定性と高さから、Jリートは現在大きな注目を集めています。

Jリートはこんなに魅力的

カット2

Jリートの魅力は分配金の安定性と高さです。家賃収入は定期的に受け取ることができるので、収益が安定しています。Jリートでは多くの不動産に分散して投資を行うため、家賃収入はさらに安定的です。このため、投資家が受け取る分配金も比較的安定して受け取ることができます。さらにJリートでは、利益から法人税などを引いた後に分配を行う株式よりも利益に対する分配金の割合が高くなっています。この分配金の高さもJリートの魅力となっています。

また、Jリートは一般的な不動産投資と比べて少額からの投資ができます。投資口1口単位で購入することができます。投資口の価格は市況によって変わりますが、1口あたりの金額は数万円〜数十万円です。したがって、手軽な資金で100億円のビルのオーナーの1人になることも可能です。安定性、分配金の高さ、そして気軽に始められるというのがJリートの魅力です。

金融商品としてのJリート

カット3

不動産は購入したい物件がすぐに見つかるとは限りませんし、売るときもすぐに買い手がつくとは限りません。つまり買いたい時に買い、売りたい時に売ることができるという、いわゆる資産の流動性が高くありません。その点、Jリートは株式と同じように、証券取引所に上場されていて、証券会社を通してタイムリーに売買することができます。Jリートは経済情勢や投資した不動産や運用会社の状況によって価格が変動しますが、その変動幅は株価の変動幅よりも小さいことが多いです。

手軽で手間いらずの不動産投資

カット4

個人で不動産投資を行う場合、前述のとおり、多額の資金を用意しなければなりません。また、その不動産の維持管理や運用は自分で行う必要があります。さらに、不動産の取得・保有・売却などには様々な税金がかかり、税務署への申告手続きなどの手間も多くかかります。

それに対して、Jリートの場合は少額での不動産投資が可能であるだけなく、投資した資金の運用はもちろん、不動産の維持管理もすべて国の登録を受けた不動産運用の専門家(資産運用会社)が行ってくれるため、投資家の負担は小さくなります。また、税金は分配金・売却ともに一律10%(2011年8月時点)と分かりやすく、源泉徴収されるため税務署への申告手続きも不要です。いつでも、簡単に、すぐ始められる不動産投資、それがJリートです。

今回のポイント
・Jリートは不動産を投資対象とする金融商品である
・Jリートの魅力は分配金の安定性と高さである
・Jリートは証券取引所に上場されておりタイムリーに売買することができる
・Jリートは不動産の運用や維持管理を専門家が行ってくれる
個人投資家のためのJリートフェア2012 一般社団法人 不動産証券化協会