<防犯力UPで強く美しい女性に> 新生活と共に始める防犯1stステップ
女性の日常生活には、女性ならではの危険が潜んでいます。
新しい環境での生活を始める方たちも多いこのシーズン。
困っていても相談しにくい、意識しているつもりでも気づきにくい、
知っておきたい女性の防犯の心得を2回にわたってご紹介します。

「私は2階だから」は危険な考え方

梶原さん火災報知器や水道設備の点検など、業者の人にお家の中に入っていただく場合がありますよね。

齋藤さんそういう場合に不安でしたら、誰か一緒にいてくれる人を探すのがいいですね。ご両親やお友達はなかなかむずかしいという場合、例えばもし私がそういうことになれば、大家さんや管理人さんにお願いして立ち会ってもらうようにします。

梶原さんなるほど、そういう方法があるのですね。ではドアからの侵入の次に、窓からの侵入の対策をうかがいます。私の住まいは集合住宅の上のほうの階なので、窓から入られることは、あまりないだろうと思っているのですが。

藤本さん梶原さんのように「私は2階だから」とか「3階だから大丈夫」と言われる方もいます。でも2階ぐらいだと塀などをつたって簡単に入ってこられる部屋もあります。よく1階は危ないといわれますが、1階というのは表を歩いている通行者からも見えやすいんですね。ところが2階以上は、ベランダに入り込まれてしまったら、外からは見えにくくなります。侵入者が身を隠しやすいのですね。

齋藤さんそのほか、通行人から見えないところに窓があるお宅もあります。そういったところも狙われがちです。

梶原さん分かりました。何階だから大丈夫ということはないのですね。

女性の一人暮らしを悟られない工夫

梶原さんリラックスできるようにお部屋のインテリアはこだわりたいと思ってしまいます。例えば女性は、可愛らしいカーテンを付けたくなりますよね。お部屋のインテリアで気をつけることってありますか。

藤本さんこれは何階以上ならいいということはいえないのですが、やはり外から見上げて様子が分かるような階に住まわれている方は、窓際に女性の一人暮らしであることが分かるようなものは置かないほうがいいですね。女性らしいステキなお部屋に、という気持ちはよく分かりますが、そこは我慢したいところです。

梶原さん日中でもお天気がいいとレースのカーテンまでつい開けっ放しにしたくなります。それもこれからはやめるようにします。

齋藤さんカーテンや照明などのインテリアに関しては、「女性のため」「防犯」という視点からさまざまな商品が販売されています。インターネットで検索をすると、そういった情報も入手できますよ。また、そういったモノを買われる場合は、お店の販売員さんのアドバイスを受けるといいでしょう。思わぬよいアドバイスを聞けるかもしれません。

平日毎日更新! 役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
女性のためのあんしんライフnavi
月水金フラッシュニュース 子どもの防犯ブログ
あとなの安心倶楽部 こだわりの美食 暮らしのあんしん百科
女性のためのあんしんライフnavi
女性の防犯情報サイト-女性のためのあんしんライフnavi アンケートに答えて当たる女性のための安心ライフスリムパック

家での防犯対策ファイル

泥棒・防犯対策

在宅時に侵入する「忍び込み」や「居空き」にも注意が必要です。

詳しくはこちら

盗聴・盗撮対策

インターネットが普及する現在で は、盗まれた情報や画像が瞬時に 世界に公開されている危険も。

取り付けられる場所の例 ・コンセント ・壁 ・携帯電話 ・モジュラージャック

詳しくはこちら

ネット犯罪対策

インターネットは知らない間に犯罪に巻き込まれてしまう危険性があります。

ネット犯罪検挙件数… 6,690件(2009年)

詳しくはこちら

個人情報保護対策

「振り込め詐欺」は個人情報を手 に入れるところから始まります。

振り込め詐欺被害金額 一件当たり平均 約132万円(2009年)

詳しくはこちら
「セコム働く女性の安全委員会」が
Twitterで安全・安心の情報をお届けしています!
twitter follow me
twitterセコム公式アカウント 開設記念プレゼントキャンペーン実施中 期間3月31日まで
携帯するセキュリティ ココセコム 見守る。 そして駆けつける
安心な暮らしのスタンダード セコム・ホームセキュリティ

ページトップ

[an error occurred while processing this directive]